読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その7:kokoni cafe, 室町丼作食事

七股鹽山から台南市内に帰ってきました。

f:id:morje:20170227135656j:plain

降りたのは赤崁楼の前です。なんでここで降りたのか今となってはよく覚えてないのですが、多分チェックしてた店がこの辺だったのではなかろうか。でも結局やってなかったかなんかで、そうだこの辺にインスタでめっちゃ出てくるカフェあったよなあと思って行くことにしました。結構わかりづらい場所だったんだけど、発見!

f:id:morje:20170227140358j:plain:h500
kokoni café

ちょっと外からじゃ中の様子がわからなかったんだけどとりあえず中へ。入ってくと客席の向こうにカウンターがあって、そこで一人ですという感じで示すとメニューボードをくれて2階を指されました。あ、2階ね。はい。といっても誰かが案内してくれるわけでもなく、勝手にどこでも座っていい様子。2階は割と広くて2組ほどお客さんもいましたが混んでるという感じでもなくて。

f:id:morje:20170227140710j:plain:w400

さっき下から見た席がちょうど空いてたのでそこへ。席番号を確認し、さてメニュー。

f:id:morje:20170227140928j:plain:h500

漢字からなんとなく想像してみました。チェックを入れたら下のカウンターに持っていきます。

f:id:morje:20170227141143j:plain:h500
階段を下りて

f:id:morje:20170227141202j:plain:h500
カウンターへ

ここでオーダー表を渡して会計して、また席で待ちます。
待ってる間に店の散策をしよう。

f:id:morje:20170227141311j:plain
水が置いてあるところ。パン屋さんみたいでかわいい

f:id:morje:20170227141356j:plain:h500
これは1階の水置き場

f:id:morje:20170227141423j:plain
黒板にはかわいい絵が

トイレもかわいかったんですよ写真は撮らなかったけど。
そしてうろうろしてる間に注文品が一つ来ました。

f:id:morje:20170227141505j:plain:h500
紅茶牛乳120元

特に何も考えずに頼んだアイスミルクティーですが、これめちゃくちゃ美味しかった!ちゃんと紅茶の味もあって甘さもちょうどよくてミルクのコクも感じられて。
で、さらに待つこと数十分。来ました!

f:id:morje:20170227144623j:plain
季節限定苺のパンケーキバニラアイス添え150元

わーい!念願の台南カフェのパンケーキ!
おいちー!
パンケーキもちもちでとっても美味しいです!
ごちそうさまでした!

それにしてもこの店居心地がいいのか、私が来る前からいたお客さんは誰も帰らず、私が帰る時もまだいたりしましたね。まあお店の人も滅多に来ないしちょうどいい感じの落ち着いたカフェなのでしょう。一人でも全然苦じゃない感じでした。

すっかり長居しちゃいまして、外に出たらもう夜。

f:id:morje:20170227144925j:plain

なんかよい感じの小道になっておりました。

f:id:morje:20170227145016j:plain:h500

何やら夜の雰囲気の店も開いていたり。

f:id:morje:20170227145119j:plain

f:id:morje:20170227145126j:plain

夜といえば神農街かなあと思ってちょっと寄ってみることにしました。

f:id:morje:20170227145427j:plain

f:id:morje:20170227145438j:plain:h500

やっぱり休日ってことで歩いてる人多かったですね。

f:id:morje:20170227145535j:plain
taikoo

神農街といえばの太古。カフェはしごもそそられたんですが、なんかねえ、ちょっとねえ、食べたいなあって思うものがありまして。

じゃん!

f:id:morje:20170227145653j:plain:h500
室町丼作食事

めっちゃ日本。そうですここは鰻を出す店なんですよね!
ちょっと入りづらかったけどトライ!

f:id:morje:20170227145909j:plain:h500
店内

カウンターとあとテーブル席がいくつか。テーブル席にはお客さんが数組いらっしゃいましたね。私はカウンターに案内されまして、注文を。メニューを見ると鰻だけじゃなくて日本の居酒屋にあるようなメニューが結構ありました。焼き物が売りかな。

f:id:morje:20170227150057j:plain:h500

注文してから結構時間かかりましたけど、まあ鰻なんで!で!

f:id:morje:20170227150125j:plain

きたー!うな丼っていうか、ひつまぶしなのです。ちゃんと食べ方も書いてあるよ

f:id:morje:20170227150234j:plain:h500

作法に従って。三吃に入る前にだしをもらいます。もう普通に美味しいひつまぶしでございましたね。320元。日本でひつまぶし食べることを考えたらお安く食べられてとてもよいと思います。でも日本のひつまぶしの店のイメージで行かない方がいいかなー多分。

お腹もいっぱいになったので一度宿に戻ることにしました。
続く。