dnevnik

旅日記

201801台南旅行記その5:西羅殿牛肉湯、日十。早午食、台鐡台南駅

2018年1月28日です。台南2日目です。

早起きはできず、なんだかんだと10時くらいにホテルから出発。何食べようか。宿付近の気になってた店にまずは行ってみたんですが人が多すぎて断念し、新たに検索してまあ割と近さげなところに似たような店があるからそこに行くか、ってことで歩きます。公園路から公園南路を西へ。その途中で出てきた牛肉湯のお店、ここも割と高評価だった気がするので入ることにしました。

f:id:morje:20180914112757j:plain
西羅殿牛肉湯

やっぱり朝は牛肉湯だよなーもう朝とはいえない時間だけど!店の中は案外広くて席も空いてそうなのでトライします。

f:id:morje:20180919143514j:plain

入ってきた私に気づいたおばちゃんに声を掛けられてまごまごしてると日本人?スープ?ごはん?と聞いてくれました。ありがたい!そうですお願いします!ってことで空いてる席に着席。

f:id:morje:20180914113033j:plain

見回すと日本語の雑誌や本の紹介記事などが貼られています。とそうこうしてるうちにすぐに牛肉湯と、あとなんと肉燥飯が来た!

f:id:morje:20180914113251j:plain
牛肉湯小(飯附)110元

牛肉湯にご飯付いてくるのはあるけどまさか肉燥飯が付くてくるとは。意外だったけどでもとても美味しかった!牛肉湯も朝だからか昨日より新鮮でよかったなー。あと何よりお店の人たちがみな親切で、調味料も用意してくれたり他のおばちゃんにも「オイシカッタ?」と訊かれたりでめっちゃほっこりしたー!美味しかったです!ごちそうさまでした!

店を出る前に店内に置いてあった観光地図を発見。

f:id:morje:20180914115237j:plain

あ、これは福吉雅手作布丁が作ってる台南の地図!欲しかったやつです!福吉でしかもらえないのかと思ってたけどここでもらえてラッキーでした。ちゃんと西羅殿牛肉湯も載ってるんだな!

そして当初検索して出てきた店に一応向かってみたんですが日曜休みだったりして、そのままぶらぶらと周辺を歩いて成功路を東へ。鴨母寮市場とか繁盛してたので覗いてみた。

f:id:morje:20180919144357j:plain

f:id:morje:20180919144410j:plain

この麺屋さんめっちゃ繁盛してたな。見た感じ観光客が多かった気がするけど。麺の気分ではいまいちなかったので見るだけ。ていうか行きたかった店が蛋餅屋だったんで蛋餅を食べたい気持ちだったんだわけで。そういえば最初に寄った店、この時間なら空いてきたんじゃないかしら…と再び戻ってみることにしました。

f:id:morje:20180919144652j:plain
日十。早午食

お、最初通った時は店の外まで人が並んでたのに今はいないぞ、ということで入店。

f:id:morje:20180919144803j:plain

うーん、席は空いてなさげ。よし、ここはホテルに近いし外帯するかってことで注文です。

f:id:morje:20180919144851j:plain

口頭じゃなくて確か注文票があったのでそれにチェックしての会計だったはず。三明治と蛋餅と奶茶!

f:id:morje:20180919145230j:plain

テイクアウトはこんな感じで返ってきました。どっちも作りたてて熱いです。

f:id:morje:20180919145320j:plain
じゃん!

f:id:morje:20180919145421j:plain
總匯三明治60元

意外と盛りだくさんだった!パンがカリッとしてて美味しい!

f:id:morje:20180919145950j:plain
起士蛋餅40元

このお店で人気のメニューってことで頼んだやつ。うまー!うまー!チーズたっぷり!蛋餅がしっかりしててこれまた美味しい!なるほど並ぶのわかる気がするわ。さすがに牛肉湯飯食べた後にこれらを平らげるのはつらかったんで残した分はそのまま持ってお出かけします。

まずは歩いて台鐡台南駅へ。

f:id:morje:20180919150520j:plain:w375
無菸車站

無菸とは?と思ったら要は禁煙ってことらしいです。なるほど。

f:id:morje:20180919151035j:plain:w375

窓口もありますが自販機もあります。鈍行に乗るから自販機でいいやーって買おうとしたらお札は受け付けてないと!まあすぐ横に両替機あるんで無問題。

f:id:morje:20180919151228j:plain
こっちが窓口

f:id:morje:20180919151331j:plain
改札前の待合所

電光掲示板を見たら私が乗るやつはすぐに来るみたい。

f:id:morje:20180919151456j:plain

これだけ見たら日本の駅みたいに見えますね。

f:id:morje:20180919151552j:plain

ファミマもあるしね!って思ったけどこれよく見たらファミマじゃないな。

f:id:morje:20180919151731j:plain

大好きな駅弁ですが今は全くお腹に入る余地がない…カバンの中にはさっきの残りの食料が入ってるし。なんて思ってたら列車到着。

f:id:morje:20180919151853j:plain

これに乗ってちょっとお出かけです。
続く!

201801台南旅行記その4:原臺南地方法院、普濟殿、南盲視障按摩

2018年1月27日の続きです。

食事後、ちょっと見たい店があるからそっちに行ってみようってことで府前路を東へ。

f:id:morje:20180913154142j:plain

途中にあった眼鏡屋さんをパチリ。「視覺」が光ってるのいいですね。
しばらく歩くと右手にバロック建築の建物があります。

f:id:morje:20180913154740j:plain

f:id:morje:20180913154903j:plain
旧台南地方法院(原臺南地方法院)

修復前、修復後にも通りがかっては写真を撮ってますが、中に入れた試しがないんですよね。休みだったり時間が合わなかったり。今回も夜なので当然閉まってます。

f:id:morje:20180913155302j:plain

外壁には礼記礼運大同編から孔子の言葉が書かれています。目の前が孔子廟だからというのもあるのかな。

f:id:morje:20180913161139j:plain

いつか中に入れますように!
さてさらに東へと歩きます。

f:id:morje:20180913161446j:plain

日本の金魚とか売ってた。

f:id:morje:20180913161900j:plain

孔子廟が描かれた変電箱発見。台湾に来るとこの変電箱を見てしまうのはingressやってた頃の名残です。台湾の変電箱、ポータルになりすぎなんや…。

孔子廟の近くに来たかったお店があったのでそちらを物色。ただ、現金のみ使用可で手持ちがあまりなかったのでここも見るだけにしました。

冬の台南が歩きやすすぎてそのままだらだらと歩きます。

f:id:morje:20180913162243j:plain

林百貨は通るたびに写真を撮ってしまう。まあここはまた後で来ようってことで素通りです。
なんか細い路地を行ったりなんだり。民生路の水果店通りを歩き、裕成にあんまり人いなかったのがちょっと気になった。芒果の季節じゃないからかな?しかし冰鄕はいつも通りの賑わいだった。イチゴのカキ氷すごいもんなー。インスタにもバンバン流れてくるので一度は味わってみたいけれど人の多さに負けてしまってます。

f:id:morje:20180913162846j:plain

新美街に入ったところで賑わってるラーメン屋を発見。中華そばののれんとかレトロな感じでいいですね。

で、てくてくと歩き続けてやっと到着!

f:id:morje:20180913163437j:plain
四聯境普濟殿

何故ここに来たかったかというと…

f:id:morje:20180913163924j:plain

f:id:morje:20180913163936j:plain

このようにランタンを掲げているとインスタで知ったから!元宵節を祝って毎年掲げられているらしいです。ランタンは地元の人の手書き!

f:id:morje:20180913164423j:plain

でもなんか聞いてたより寂しいなって思って。

f:id:morje:20180913164456j:plain

f:id:morje:20180913164523j:plain

f:id:morje:20180913164536j:plain

と思ったらまだ吊るされてないのがたくさんあるのね。國華街なんかにも吊るされるらしい。本番は旧正月かなー。でも見れて満足!

さてさて本日は自分的には結構歩いたので足が死にそうです。うん、そうだねマッサージしたいね。でも台南でマッサージ店あんまり見ないしよく知らんのだよなー。事前に知ってた店はちょっと離れてるんで、できればここから宿までの間にあれば…と検索すると割と宿に近いところにまあまあの評価の按摩屋があるのを発見したのでそちらに向かいます。

f:id:morje:20180913170247j:plain

台湾の街中にあるこういうやつ大体やばいやつ!

なんてのを見ながら成功路を東へ行き公園路を左へ行くとありました。

f:id:morje:20180913170431j:plain:w375
南盲視障按摩

ここか、とちらっと覗くと客がいないな悩ましいな…ってなってたら店前にいたおばちゃんに声を掛けられその人に誘われるがまま店内へ。このおばちゃんがなかなか特徴のある感じのメイクだったなー。で、私は足裏だけでよかったんだけどそのおばちゃんの強い押しで足裏に頭と肩付けて1時間600元でマッサージされることになりました。

f:id:morje:20180913170801j:plain:w375
値段表的なもの

奥からおっちゃんが出てきてやってくれて、まあ上手だったけどしかし痛い痛すぎるって感じでした。寝てる余裕はまったくなかった!でもおかげで足のむくみも取れてすっきりしましたけどね。ありがとうございました。

帰り際に水果店がまだ開いてたので寄ってみた。

f:id:morje:20180913170956j:plain
榮興水果店

f:id:morje:20180913171051j:plain

安定の西瓜汁でいいかなーと思ってたのだが。

f:id:morje:20180913171319j:plain

このメニューを見てうっかりバナナミルクを頼んでしまった。

f:id:morje:20180913171343j:plain:w375
香蕉牛奶50元

冷たくて美味しかったです!
今日は歩いたなあ。明日はどうしようかなあ。

続く!

201801台南旅行記その3:原向蜂自轉車店、十八卯茶屋、府城牛肉湯

2018年1月27日の話の続きです。

kokoni green。を出たら觀亭街を南下して民族路経由で公園路を南下します。と、途中にあった建物に目がいきました。

f:id:morje:20180912142122j:plain

古そうな洋風建築。1階はオシャレなお洋服屋さんのようですが、気になったのはそこじゃなくて建物の上。

f:id:morje:20180912142345j:plain

蜂!しかも割とリアル!昔蜂蜜でも売ってたのかな?と調べると、もともとは向蜂自轉車店というお店だったらしい。なるほど名前に蜂が付いてるからこれなのか。日本統治時代の建築物でこの蜂の入ったファサードを模った置物もあるみたい(参考)なので有名な建物なのかな?

この建物を過ぎて民權路を左に曲がって行くとお目当ての場所がありました。

f:id:morje:20180912145737j:plain

吳園藝文中心にやってきました。この建物は台南公会堂です。私のカメラだと画角に収まらなかった!そしてなんか園内に人が多いというか子供、学生みたいな子たちが多い…しかもなんか衣装的なものを着ている…。どうやら何か撮影をやっているようです。むむ。まあ来たかったのは隣の建物だからいいか。

f:id:morje:20180912150014j:plain

ここ!

f:id:morje:20180912150105j:plain:w350
十八卯茶屋

古民家カフェというか茶芸館というかそういうところです。もともとは柳屋という食堂だったそうで「柳」の文字を分解したこの名前になっているらしい。てことで入ったのですが、カフェ部分にはたくさんのお皿や料理が並べられている途中で、どうやらさっき見た撮影かなにかのあとにここでみんな食事をすることになっているようである。そうなのかー。じゃあお茶だけ買うかーってなったんですがここのお茶は林百貨でも売ってるらしいのであとでそっち行けばいいかってことでチェックだけ。今度またちゃんと来れるときに来ます!

さてどうしようか。
よし、ごはんにしよう。
何が食べたいかといえば牛肉湯です。前回台南に来た時に、いわゆるスープに入った肉をたれで食べるというものにはまってしまいその印象が強いまま来てしまったのでとても牛肉湯が食べたい。事前にチェックしていた牛肉湯の中でこの時間空いてる店を検索したところ、ここ呉園からバスで行けるところにある!しかもバスの時間を調べたら目の前のバス停にもうすぐ来る!これは行くしかない!

f:id:morje:20180912151045j:plain:w375

そもそもこのバス停あんまり本数ないからほんとにラッキーだった。バスは数分後に来て乗り込みます。来たのがマイクロバスみたいな小さいやつで躊躇したけどでも乗った。1席だけ空いててラッキー。まあすぐ降りるけど…。このバスをこんな短距離で利用する人いないっぽくてちょっと申し訳なさもありつつ数駅後にお目当ての場所に到着!

f:id:morje:20180912151554j:plain

あれや!ってあれどっちだ?ってなりました。隣羊肉屋だったんで。でも私のお目当てはこっちー!

f:id:morje:20180912151659j:plain
府城牛肉湯

まだ混む時間ではないのか席も空いてるしチャレンジです。中国語に対応できない私にすぐ日本人?と聞いてくれた優しいおばちゃんに教わりながら牛肉湯を注文。「ごはん?」って聞かれたのでごはんも。で、あとなんか炒め物系が欲しかったのでメニューを見せてもらって追加でオーダーしてしばし待ち。

f:id:morje:20180912152413j:plain
店内

f:id:morje:20180912152431j:plain
メニュー

深夜4時までやってるんだなーなんて思ってると牛肉湯とごはんが到着。ちょっと置いて炒め物も到着!

f:id:morje:20180912152546j:plain

牛肉の青菜炒めってことでこれは沙茶だな。思ったよりボリュームあって、まだそこまでお腹が減ってなかったので結局炒め物は半分くらい外帯しました。牛肉湯は美味しかったです!

めっちゃお腹いっぱいになりながら続く。