読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その15:Time Goes Fast(食光啡宿)

201701_台南

旅行記最後に今回泊まった宿「Time Goes Fast(食光啡宿)」について。

www.booking.com

探し始めたのが12月もちょい過ぎてたせいか、よさげなところは結構埋まってたし、あっても値段が高かったりでどうしようかなーって見てた時に、この宿を発見。駅からは遠いけど、正興街とか國華街とか近いしこの辺なんとなくわかるからいいかなーって。ユーザー評価も高めで値段も安いし写真を見る限りは綺麗そうだし、てなことで決定。

f:id:morje:20170314144350p:plain:h500

1/1~1/4の3泊でコミコミ5200TWD。日本円で2万円弱ってところかな。

で、ぶっきんこむから予約したら宿から英語でメールが来て、要約すると、「チェックイン時間(16~17時)に来れるなら半額、来れないなら全額デポジットとしてPaypalで払ってね、24時間以内に払ってくれないと予約できないよ、払ったら宿のFacebookからメッセージ送ってね」というようなことが書いてありました。えー、チェックイン時間短いね!まあどのみちこの時間には間に合いそうにないので、全額Paypalにて支払い、Facebookにて連絡を入れました。その後はFacebookで返信が来て、「宿の玄関の鍵のコードを到着日当日にFacebookで送るよ。鍵はフロントデスクに置いておくから自分で取ってってね」とのことでした。

そして当日の17時くらいに宿から鍵のコードと、開け方の動画と、冷蔵庫と飲み水の場所(1階)と、鍵の置き場、そして何かあったら連絡してねということで電話番号が送られてきました。

宿の場所はここ。

台南駅からは遠いです。今ぶっきんこむのアクセスのところを見たら、14番のバスで「中國城」で降りたらいいって書いてあったわ。確かにこのバス停が最寄りっぽい。でも台南のバスってあんまり使えないとこあるんで、タクシーで来るのが無難じゃないかなあ。多分100元しないはず。

正徳街に入って37巷を曲がります。この辺結構わかりづらいと思うけど、一度覚えれば簡単よ!

f:id:morje:20170314151453j:plain:h500
入口

ドアのところに鍵のコード入れるやつがあるんでそれをタッチしたいんだけど、このやり方が毎度よくわかんなくて苦労したわ。数字のパネルが一発で出てこないんだよ。初回できなさすぎて中にいた別のお客さんが開けてくれたし…。最後まで正解がわからなかったよ!

f:id:morje:20170314151712j:plain:h500
フロント

f:id:morje:20170314151728j:plain:h500
その横

このフロントに名前を書いた紙と鍵が一緒に置いてありました。鍵に何号室みたいなの書いてあった気がするけどよく覚えてないなあ。でも、え、部屋どこだよって思ったのは覚えてる。なんかわかりづらかったんだよなあ。しかも部屋3階とかマジかってなった。どうやって上がるのかというと。

f:id:morje:20170314152013j:plain:h500

か、階段…。

f:id:morje:20170314152032j:plain:h500

エレベーターとかあるはずもなかった。しかも階段が狭くてスーツケース持ったままだと上がるの大変!
上に着いたらまだ上があったよ

f:id:morje:20170314152110j:plain:h500

どうやら私の部屋はこの上らしい。

f:id:morje:20170314152205j:plain:h500
また狭い

上がったらちょっとしたスペースになってました。

f:id:morje:20170314152313j:plain:h500

ティーセットはここにあるやつを使いましょうという感じですね。
ここから中庭が見えるデッキに出れました。

f:id:morje:20170314152355j:plain:h500

3階には部屋が2つ。私の部屋どっちだろ。

f:id:morje:20170314152422j:plain:h500

f:id:morje:20170314152503j:plain:h500
ここか?

f:id:morje:20170314152519j:plain:h500
ここでした

部屋番号とか全然書いてなかった気がするんですけど!鍵を刺すまで本当にこの部屋かわからなかったよ…。

f:id:morje:20170314152619j:plain:h500
入口にスーツケース置いた

f:id:morje:20170314152638j:plain:w375
ベッドー

f:id:morje:20170314152654j:plain:w375
テレビー

お部屋はかわいかったです。

バスルームは入口すぐのところに。

f:id:morje:20170314152844j:plain:w375
バスタブなし

f:id:morje:20170314152903j:plain
歯ブラシとか

シャンプーとボディシャンプーはシャワールーム備え付けの容器に入ってました。まあビジネスホテルみたいなあれです。
他の詳しい写真はぶっきんこむの写真を見てくれれば大体わかるかなー。

というような感じで。

どうだったかっていうと、うーん。難しいね。部屋はかわいくてよかったのだけど。

とにかく、宿の人が宿に全然いないんですよ。滞在中、私は1回も会いませんでした。部屋の掃除やアメニティの補充もなし。ごみは自分で片づけて1階のゴミ捨て場に捨てる。冷蔵庫は1階のフロントにある1台のみ。基本的にセルフで。まあ、気楽っちゃー気楽だし、だからこそ安いんだろうけど、でもなぁ…。荷物を預かるスペースはありますっていったって宿の人がいないから結局自分で置いてくだけだし…。まあ、宿の鍵自体が知ってる人しか開けられないんでセキュリティ的にはそれでも大丈夫なんだろうけども。
ぶっきんこむでそこまで高評価なのいまいちよくわからないかもってちょっと思ったり。でも、私にはわからない良さがここにはあったのかもしれない。

場所はいろいろと便利なんですけどね。コンビニも近い、食べ歩くにはいいお店が周りにはいっぱい、夜遅くまでやってる店も多し。

だけど、また泊まりたいか?って言われると…。多分二度目はないかな…。せめてコインランドリーが備え付けだったらなぁ…。

というわけで台南旅行記でした!!!

次からは2月に行ったバンコクのこと書こうと思います!

201701台南(台北)旅行記その14:DOS Hair Salon、得力健康按摩站、そして帰国

201701_台南

1/4、台南から台北に来ました。

まずは台北駅のコインロッカーに荷物を預けます。コインロッカーは地下にあるのですが、台北駅の地下空間が広すぎてどこに預けたかわからなくなりそうだったので、近くの地図を撮って保存。

f:id:morje:20170313105934j:plain

これでまあなんとかなるだろ…
ってことで再び地上へ!

f:id:morje:20170313105959j:plain

台北でやりたかったこと。それはシャンプー!この後深夜便で日本に戻ってそのまま出社なので、頭髪を洗いたいなと思いまして。台湾では美容院で気軽にシャンプーだけとかできるらしいし。てことでそういうお店が多そうな新光三越裏のにぎやかな通りを歩いてみます。確かこの辺にシャンプーがお安いという美容院が…あれ、ない!私のゲットした情報の店は既に違う店となっておりました。ここでもシャンプーはやってくれるみたいだけどなあ。どうしようかなあ。とぐるぐる歩いてたら、「AVEDA」の文字発見。

f:id:morje:20170313110350j:plain:h500

ああ!ここ、調べてる中で出てきた店やー!

台湾シャンプーレポ(5)台北駅近くで断トツおすすめ!AVEDA使用「DOS Hair Salon」(台北駅) | LOVE! TRAVEL

こちらのレポを拝見してこの店いいなあって思ってたんだけど、ここだったのかー!ありがとうございます!早速入ります!

f:id:morje:20170313110729j:plain:h500

エレベーターで上がって3階の「DOS Hair Salon」へ。入ってみたらすぐに案内してもらえて普通のシャンプーを選択してやってもらいました。担当された方は片言で日本語も話せたので特に不自由なこともなく。シャンプーめっちゃめちゃ気持ちよかったわー。最後セットまでしてもらえて350元。髪さらっさらになったよー!350元でやってもらえるならまた来たい!台北駅でシャンプーするならこちらおススメですよ!

さてまだ時間があるんで髪の次は体をいたわりに行きたいと思います。

f:id:morje:20170313111412j:plain

台北駅を見ながら忠孝西路を東へ行きます。

f:id:morje:20170313111508j:plain
監察院

そして中山北路からバスに乗るよ。

f:id:morje:20170313111542j:plain:h500

台北のバスはやっぱり本数いっぱいあって乗る人も多くてバス停も整備されてて便利だなと台南から来ると特に感じます。
で、バスで数駅乗って着いた先がこちら。

f:id:morje:20170313111639j:plain
得力健康按摩站

台北ナビの説明はこちら。

www.taipeinavi.com

こちらで全身マッサージ70分。男性の人に担当してもらったせいかめちゃ痛かった…。気持ちよかったけども。でも今度は女性を指名しようw体はすっきりしました。今すぐ寝れそうだよ…。
ここから雙連まで歩いてMRTで台北駅に戻り、荷物を引き取ってセブンイレブンで飲み物とチャーシューまんを買って空港行きのバスに乗りました。

f:id:morje:20170313112306j:plain:h500

バスで移動するときの私の定番です。台北駅からは1時間もかからず桃園空港へ。帰りはバニラエアです。カウンターに行ったらもう受付は始まってたけどめちゃめちゃ混んでました。なんで結構時間がかかった…。やっと受付を済ませたら、いつものコンビニへ。この時間空いてるのコンビニだけなんだよ…。

f:id:morje:20170313112734j:plain

レジ前のおでんが美味しそうなのでつい買ってしまった。フランクフルトは原味を買ったら日本のとは全然違う味で思わず…。まあ二度と買わないと思います!
そして保安検査もめちゃ混み。

f:id:morje:20170313112912j:plain:h500

人が多いというより開けてるのが1か所しかないのが原因だと思われ。
ようやく出ていつものラウンジっぽいところでしばし寝転んで休憩。そして最後に買おうとした飲み物は、自販機がほぼ全滅。この時間は売店も全くやってないので他に手に入れようがないのよね。まあ喉が渇いたら機内で買えばいっか、って思って乗りました。ま、爆睡だったんでそんな心配無用だったんですけどね!気づいたら着陸でした!

f:id:morje:20170313113130j:plain
おはよう成田

スーツケースを引取り、バスに乗って東京へ行き、そして出社しました。お疲れさまでした。
あと1回だけ続きます。

201701台南旅行記その13:徐媽媽早點、包成羊肉、台南文化創意産業園区

201701_台南

1月4日です。いよいよ帰国日です。まあ、出発は深夜なのでまだまだ余裕があるのですが。

最後に牛肉湯を食べるために朝早起きしようっていう気持ちはあったんですけど、まったく起きられず…。普段目覚めはいい方なんだけど旅に出ると起きれなくなる不思議。特に一人だと別にいっか、ってなっちゃうんだよなあ。計画性のない生き方をしています。

10時頃にやっと表へ。宿を出た道の先、いつも左に曲がってたんですが、初めて右に曲がってみます。

f:id:morje:20170310152832j:plain
達磨祖師の文字

f:id:morje:20170310153502j:plain:h500

わー、天井が!素敵!こんな風になってたんだなあ。ここは台南正德堂というお寺らしいです。ほー。
などと思いながら通り過ぎて、お目当てのお店へ。じゃん。

f:id:morje:20170310153720j:plain

徐媽媽早點というお店です。

f:id:morje:20170310153802j:plain

覗くとまあまあ席も空いてるな!2日に来た時は人がわっさーといてとても近寄れなかったんよなー。まあ今日は普通の日だし時間も遅いんでよかったのかもしれない。注文票を取って空いてる席へ。

f:id:morje:20170310153900j:plain:h500

ちょっとぼけちゃったし既に注文した後の写真なんだけどまあとりあえず。赤が私が書き入れたやつです。字だけ見ると何頼んでいいかわからなくなる!注文票を持っていったら三明治は既にできてるやつがあってそれをもらいました。それもらって席で待ってたら残りの物も登場。

f:id:morje:20170310154246j:plain

起司蛋餅30元、雞排三明治20元、写ってないけどアイスミルクティー大20元で計70元。お手軽な朝食!おいしかったです。私が食べたかったの三明治じゃなくてトーストの方だったなあって今は思うけどまあ今度またいつか。
さてまだお腹はなんとかなりそうなんでもう一つ何か…炒飯とかどうかなあって思ったけどなんかちょっと気分じゃないなあと思いつつ、悩んで、結局、あの人気店に行ってみようと来てみました。

f:id:morje:20170310154739j:plain
包成羊肉

今回一番はまった羊肉湯の有名店!時間が遅かったおかげか空いてる!やったー!近づいたらすかさずお店のおばちゃんが席に案内してくれてメニュー見せてくれました。ぱぱっと決めて頼んだので写真撮ってなかった。

f:id:morje:20170310155318j:plain:h500

羊肉湯(小)120元に白飯10元!あーーーおいしいいいいい!なんだろうなあやっぱりこのタレに付けて食べる羊肉美味しすぎるなあー!!!
食べている間に店じまいされていく感じだったんでぎりぎり間に合ってよかったです!ごちそうさまでした!
デザートに冰郷どうかなーって寄ったら相変わらずの人の多さで諦めました。

f:id:morje:20170310160739j:plain

宿の近くの伍巷というカフェ。ここ夜遅くまでやってることもあって夜はいつもいっぱい人がいましたね。もうこの景色ともお別れかぁ。寂しいなあ。
つーことでチェックアウトです。鍵はフロントに置いて出るだけ。

スーツケースを転がしながら民生路へ。

f:id:morje:20170310161312j:plain:h500
名東蛋糕

このカステラ屋さんいつも人が並んでたなあ。最後に買ってみたい気もなくはなかったけど行列を見て諦めた。美味しそう!
そしてこの先にある、行きたかったお店に寄ってみたら…満席!待ってもよかったけどなんか客層が若すぎて一人待つのはつらそうだったから諦めた!ほんと今回諦めてしかない旅だなあ。年を取ると待つとかそういうことが面倒になってしまうのかもしれない。生き急いでる!
で、暑いんでもう台南駅までタクシーでひとっとび。85元。タクシー安いからタクシーもっと使えばよかったなって毎回思うけど結局この最後の移動でくらいしか使ってないな。

台南駅の行李房に行ってスーツケースを預けます。乗るバスは14時発なんでまだ1時間以上ある。あーこんなんだったら13時発でもよかったなあ。
まあほんとすることもないんで、そういえば近くに観光地あったなって思っててくてくと。5分くらい歩いて、ありました。

f:id:morje:20170310161909j:plain

あーここだわ。

f:id:morje:20170310161922j:plain
台南文化創意産業園区

昨日バスに乗った時にここの前を通って、こんなのあるんだなって思ったのよね。

臺南文化創意產業園區

Taiwan Culture & Creative Parkってなってますね。名前から察するに華山1914とか松山とかのと同じような感じなのかな。しかし、目の前の建物は何もないっぽいので奥に行ってみます。

f:id:morje:20170310162427j:plain

なんか、学校みたいな…。でも松山もそうだったけど学校みたいな感じだけど多分違う建物だったのだろうな。
1階に臺南好物なる店らしきものが。

f:id:morje:20170310163056j:plain

電動バイクっぽいものが気になるけど入ってみよう。

f:id:morje:20170310163123j:plain:h500

インフォメーションセンターでもあるみたいだけどそもそもこのペンギンはなんなんだ…

f:id:morje:20170310163159j:plain

身分証がありました。小丸君?
中にはお土産系と、あと林百貨にもあったような台湾メイドの品々が。あーなるほどそういう感じかあ。
それより気になるのはあの電動バイク!もしかして借りれたりしたのかな?

きょろきょろしてたらパンフレット発見!

f:id:morje:20170310163334j:plain

電動バイクレンタルとかあったんだー!借りたかったー!台南はレンタルバイク自体は結構あるみたいなんだけど免許とかいろいろあれだなって思ってて。でも電動バイクなら免許いらないみたいだから外人でも乗れる!なんだーもっと早くわかってたら借りたのになあー。これがあればバスが走ってない、そこそこ距離のある店とかでも行けるもんね。今度台南に来たら絶対に借りたる!!!

とまあそんな感じであとは建物内をうろうろ。

f:id:morje:20170310164807j:plain:h500

ありがち3D壁画。
建物内にはカフェ的なものもあったんですけど、結構お腹いっぱいなこともあって食指が動かず。
そして入口近くにあった建物の方に行ってみます。

f:id:morje:20170310164913j:plain:h500

これを抜けると左の線路側に小さい庭園があってベンチもあって休める。右の建物内は本当に何もなかった。

f:id:morje:20170310164950j:plain

これから何かできたりするのかしら。それかレンタルスペースか。

この時結構暑くて、体調もそこまでいいわけでもなくて、でも時間はあるし…結局ベンチに寝転がって休むっていう単純な時間つぶしを。平日の昼過ぎなんて観光客もほとんどいなくて快適ではあった。でもここ、何かもっと商業施設的なものとかあったらいいのになー。駅近ですごくいい場所なのに。

寝てる間にそろそろ時間です。バスに乗るために和欣客運の待合室へ。和欣客運の待合室みたいなの2ヵ所あるけど、台北駅は台南駅寄りの方だよ。

f:id:morje:20170310165259j:plain:h500

冷房も効いてるしここにいれば乗り過ごす恐れもないからいいね。バスが来たら係の人が案内してくれるのでそれに従ってバスに乗ります。

f:id:morje:20170310165339j:plain:h500

5番シートってことで3列目の左側。このバス豪華車なんで2列式です。トイレも付いてます。あと多分水が置いてある冷蔵庫みたいなのもあったはず。シートはいろいろできるみたい。

f:id:morje:20170310165450j:plain:h500

シートピッチも広いしテレビも付いてるしいいバスですね。ま、私は基本寝るだけなんですけども。
というわけでバスに乗って台北に向かいます。さよなら台南!また来るよ!

続く!