読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201702タイ旅行記その4:チャオプラヤー川を行く

BTSサラデーン駅からサパーンタクシン駅に参りました。

ここから船に乗ってワットポーのあたりに行けるらしいんだけど、どこから乗るのか全然調べてなくてわからず。とりあえず行く人に付いていって、なんとなく行った先に船乗り場。でもなんか船乗るところ複数あってどれに行けばいいの?とまた人が行く方へ付いて行きます。

f:id:morje:20170421140142j:plain

あ、あれじゃない?って思ったらなんか違うみたい。そこにいたおじさんにワット・ポーに行きたいんですって言ったらあっちでチケットを買ってきてねと。

f:id:morje:20170421140236j:plain:h500
あっち

あれ、確か料金は船の中で払うって書いてあったような?って思ったりもしたけど何せうろ覚えなので言われるがまま行きますと、チケットデスクみたいなところがありまして。そこでワット・ポー行きたいと言ったら100バーツですと言われます。あれ、なんか聞いてたより高い、って思ったけどまあいっか、ってことでチケット購入。
そのチケットを持ってさっきの船乗り場に行きます。さっきチケット買ってきてと言ったおじさんにチケットを見せますと、後ろの椅子に座って待ってろと。

f:id:morje:20170421140549j:plain:h500

待ってたら船がやってきましたが、まさかあれじゃないよね?

f:id:morje:20170421140731j:plain:h500

と思ったらあれだった!え?これに乗るの?確か船はもっと大きなやつで…ってえーいもう乗っちゃえー!

船やべー!

モジャさん(@6morje8)がシェアした投稿 -

私たち以外にも何組かの外国人が乗ってきます。この私たちの前に乗ってきたおにーさんたちは直前で降りて行きました。あれ、チケット買ってなかったのかな?くらいの感じで受け止めてましたが、今思うと…。とりあえず乗り込んだ人たちは救命胴衣を着けまして、いざ出発!

f:id:morje:20170421140908j:plain:h500

わー!!!!くっそはえー!!!!!
徐行のあと、めっちゃスピード出して船が行きます。わーーーーー!

やべー

モジャさん(@6morje8)がシェアした投稿 -

めっちゃスピード出してるせいか水飛沫が半端ない!川の水を見たら…ohって感じでしたけどまあでも楽しい。ジェットコースターみたいだった。アトラクション気分!

f:id:morje:20170421141643j:plain
到着

これが乗ってきた船です。後で調べたら「ルア・ハンヤーオ」ってやつだったみたい。確かに乗ろうとしてたやつよりは高かったけどあんまり時間なかったんでどこにも止まらずに行ってもらえたのはよかったかな。ただここがどこがよくわかってないですw降りた先にはお土産屋がいっぱいある建物があって、それを抜けてやっとここがどこかわかった。

f:id:morje:20170421141844j:plain

No.9の船乗り場、Tha Changですね。あれ、ここってワット・プラケオには近いけどワット・ポーはちょっと遠いじゃん。最初はどっちも見ようと思ってたからいいかなって思ってたんですが、時間的にどっちかしか見れない感じになってまして。今日はこの後予定があるのです。で、どっちにするかと。まあやっぱワット・ポーかな!でもどっちだろ?

f:id:morje:20170421142622j:plain:h500

王宮へのアクセスはこうやって書いてあるんですが、ワット・ポーへの行き方がいまいちわからず。なんでGoogle map開きながら方角をチェックして歩き出します。
わー、暑いぃぃぃ。
日差しがぁあぁぁぁあぁぁ。歩道はちゃんとあるのですが木陰みたいなものがあまりなく、炎天下を歩いて行く感じになります。持ってきた水をがぶがぶ飲んじゃうよ!王宮の壁をぐるっと回る感じで歩いて、ようやくたどり着いたようです。

f:id:morje:20170421143053j:plain:h500

ここから入っていくのかな?
つーことで続く!

201702タイ旅行記その3:コンベント通り屋台、Bunditkim、KFC、タニヤスピリット

2/10です。

f:id:morje:20170417134530j:plain

ホテルの窓から外を眺める朝。
てことで今日はまず朝ご飯を食べに行きます。ホテルから直近のBTSラチャダムリ駅へ。

f:id:morje:20170417134700j:plain

目的地までは歩けることは歩けるけどやっぱ暑いんで。曇ってると若干涼しく感じるんですけどね。

f:id:morje:20170418105622j:plain
ホーム

ラチャダムリ駅、ホームにほとんど人いなかったんで油断してたけど来た電車にはたくさん乗ってた。通勤時間ってこともあるのかしら。そして1駅先のサラデーン駅で降ります。朝ご飯の前に両替したいという友人のリクエストで、レートが良いという両替屋を見に行ったんですけど、まだやってなかった。ネット情報では9時に開くって書いてあったけど、店の前にいた人に聞いたら9時半からとのこと。じゃあ、先にご飯食べましょ。

f:id:morje:20170417135427j:plain

このまま道路を渡りたい気持ちはあるけど道路の交通量多すぎなんで素直にBTSの駅を経由するのがいいと思います!
向こう岸に渡って、右の方に行き、2つ目くらいの角から左の道路がコンベント通りで、そこには屋台がいっぱい!おー!角にあったフレッシュジュースの屋台で友人が早速にんじんとなんかのミックスジュース買ってました。一口味見したけど、にんじん!って感じだった!

f:id:morje:20170417135634j:plain:h500

この並びをさーっと見ていったけど興味深い屋台いくつもある。特にこことか。

f:id:morje:20170417135738j:plain

この、玉子焼きライスのお弁当屋さんの玉子がめっちゃ美味しそうで!!!お金出す寸前までいったけどここで買っても食べるところがないので諦め。まあ、行きたい店他にあるしね!ってことで探したらすぐにありました。

f:id:morje:20170417140038j:plain

Bunditkimです!

水谷さるころさんが著書の中で訪れていたお店で一番お気に入りと書いていたことと、調べたらネットでも評判がよかったので来てみたかったのです。

私のバンコクの前知識ほとんどこの本から!
てことでお店に行きます。お店って言うか屋台なんですけど、イスとテーブルがずらっと並んでてオープンカフェっぽさもある…かな?

f:id:morje:20170417140818j:plain:h500

空いてる席に座ってメニューを見ます。

f:id:morje:20170417140908j:plain:h500

タイ語…全くわからない!ま、でも食べるもの決まってるからね!屋台のところまで行ってカオマンガイ2つ、と頼んだらやってきました!

f:id:morje:20170417140957j:plain:h500
カオマンガイ40バーツ

わーい!食べるとなるほどここのお肉はとてもジューシーな感じです。でもしつこくなくてよい。そしてナムチムも甘めで美味しい。緑やピンクよりも好きだなー。ペロリでした。ここは他にもカオムーデンもあるらしくそれを食べてる人もいましたね。今度はそっちも食べてみたいなー!

食べ終わってから、ぐるっとコンベント通りの屋台を見て回ります。なんか時間的に朝と昼の境なのか、早くも退店の準備をしている屋台も多かったです。朝と昼で出る店が違うのかな?台北の雙城街夜市みたいな感じ?
で、ぐるっと回って、先ほどの玉子屋台の隣にあったもう一つの屋台がとても気になる。

f:id:morje:20170417141539j:plain

炭火でパンを焼いてるんだけど、よく見てたらバターを付けて炭火でトーストして砂糖を振りかけてる。なんという高カロリー食品!でも美味しいだろう美味しいに決まってる!ってことで1枚だけ友人がチャレンジ。

f:id:morje:20170417141748j:plain:h500

見ての通り1枚8バーツ。やす!絶えずお客さんが来ていて2枚3枚頼んでましたね。そして私たちのパンもできたー!ざくざくっと切って渡してくれました。

f:id:morje:20170417141832j:plain

そして一口いただきます!

f:id:morje:20170417141842j:plain:h500

ひゃー!これ超美味しい!!!ただでさえ炭火トーストパンが最高だろうにそこにバターと砂糖とか…最高でしょ!!!これカオマンガイより先に食べてたら一人で数枚行ってたな。ごちそうさまでした!
屋台巡りをしたところで時間もいい頃合いになったので両替屋に戻ろう、と道路を渡ったそこにあったのは、ケンタッキー。あ、ケンタッキーといえば。

f:id:morje:20170417142223j:plain:h500

このポスターがBTSの駅に貼られてて、何これ美味しそう!って話してたところだったんです。ちょうどケンタッキーあるね。行っちゃう?

f:id:morje:20170417142303j:plain:h500
行った!

アイスにチョコレートかけたらぱりっと固まるっていうやつですね。結構中のアイスが溶け気味なので早く食べないとだらだらと落ちてきてしまうという…でも美味しかったです。ついでにおトイレがあったんで入りました。有料5バーツ。まあまあ綺麗だったよ!

だいぶ寄り道してやっと両替屋へ。

f:id:morje:20170417142623j:plain:h500
タニヤスピリット

何故か酒屋で、しかも日本円しか両替してないことでおなじみのお店。ここ来てわかったんだけどこの店があるタニヤ通りは日本語で書かれたお店ばっかり。そういうところなのかな?

f:id:morje:20170417142749j:plain:h500

わかりやすい。この時のレートは1万円で3070バーツ。昨日の空港の方がレート良かったですかね。昨日しといてよかったな。
とりあえずご飯と現金を得たので次の目的地に向かうことにします。
続く!

201702タイ旅行記その2:MR.MAKVID、トリムリティの祠、緑とピンクのカオマンガイ屋

2/9の続きです。

ホテルから10分くらい歩いてCentralworldに来ました。

f:id:morje:20170414170530j:plain:h500

わー大都会感ある!実は明日からここでJAPAN EXPO THAILANDが行われるのですが、私たちもそれを見に来たのがこの旅の目的です。まあそっちの話は別の方に書いたのでこちらでは省略。
Centralworldの中には入らずその周りをぶらぶらとします。

f:id:morje:20170414170850j:plain:h500
でっかい!

このでっかいオブジェの近くにマンゴーが並んでる屋台がありました。

f:id:morje:20170414170924j:plain

同じ続きの店ではマンゴースムージーやココナツジュースを売ってました。

f:id:morje:20170414171019j:plain:h500
MR.MAKVIDという店らしい

わー、マンゴースムージー飲みたい!でも1杯飲み切る自信がないので友人とシェアで1つ頼むことにしました。

f:id:morje:20170414172625j:plain:h500
おねーさんが作ってくれたよ!

f:id:morje:20170414172650j:plain:h500
マンゴートッピングして全部で90バーツ

作ってるのを見てたけど砂糖ざっくり入れてましたね。そのせいか妙に甘ったるい…。普通にマンゴーだけで良さそうな感じなんだけどなー。甘くないとダメなのかしら。ほとんど友人にあげてしまった。

んで、今夜Centralworldに来た理由。それは、伊勢丹前にある「トリムルティの祠」に来るため!

www.bangkoknavi.com

バンコク随一の恋愛の神様!バンコクナビの説明にもある通り、木曜の夜9時半にお参りすると願いが叶うということで、ちょうど木曜である今日お参りするしかないってことで来たわけです。

f:id:morje:20170414173113j:plain:h500

この写真は21時くらいに撮ったやつでまだ人はそんなにいないのですが、おそらく21時半を待っているであろう女子たちが後方にお参りセットを持って多数控えておりました。そして、我らも21時15分くらいにお参りセットを祠近くのお店から購入します。

f:id:morje:20170414173830j:plain:h500

お参りセットには、9本の赤いバラと線香、赤い蝋燭2本。そして唱える言葉を書いた紙が付いてます。タイ語だから全然読めないけどー!いくらだっけ80バーツとかかな。買ったところのお店のお姉さんにそれぞれ指さされて「1,2,3,4」とと捧げる順番は聞きましたが詳細がよくわからないのであとは見よう見まねでやるしかないと。そしてもちろん唱える紙はタイ語。全然読めない!

f:id:morje:20170414173952j:plain:h500

21時20分くらいにはこんな感じです。ここからさらに人が増えていきます。私たちもお参りセットを持って靴を脱いでやる気満々です。21時半ぴったりにお願いすることができるように、まずは蝋燭を立てたいわけですが、蝋燭立てのようなものがあるわけではなく、皆さん蝋を垂らして器用に蝋燭を立てていきます。え、いきなり難しい!風が結構吹いてることもあって火も消えそうだし蝋がなかなかうまく垂れない!さらにその場所がなかなかに狭くて人も多いから本当に大変。でもなんとか蝋燭を立てまして、線香に火をつけます。そして時計を見ながら、21時半ぴったりに跪いて線香と薔薇を掲げながらお祈りです。ここで本当は紙を見てタイ語を唱えないといけないのだろうけど、日本語でも通じると信じて!

お祈りが終わったら線香を線香立てに立てに行くのですが、この線香立てもなかなかに小さくてあっという間に立てる場所がなくなるので、掃除する人が横についていっぱいになったらすぐにその線香を取ってくれて、またさらにそこにみんなが刺す、っていうのの繰り返しでした。私も2回目くらいでようやく線香を刺すことができまして、最後に薔薇を捧げます。

f:id:morje:20170414174752j:plain:h500

これで一応お参りはおしまいです。果たして作法が正しかったのかは謎ですが、やりきった!願いかないますように。かなったらお礼を言いに来るぞー!

f:id:morje:20170414174922j:plain

これは21時40分くらいの様子。左の映ってないところにたくさんの女子が跪いてます。カオスでした。でもなんか楽しかった!

さてお参りも済ませましたしあとはご飯です。ここから歩いて10分くらいのところに有名なカオマンガイ屋があるということで、そちらに向かってあるくことにしました。ラチャダムリ通りを北上してからペッブリー通りへ右折します。なんか賑わってる店が並んでるなあ。でもお目当ての店はここ!

f:id:morje:20170414175415j:plain:h500
クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム

ここは通称「緑のカオマンガイ」と呼ばれてるところです。まあここを語るにはまず近くのピンクのカオマンガイを語らないといけなんだろうけど、とりあえずこっちの方が美味しいという評判も多かったんで来てみました。お店の子たち暇そうだけど大丈夫かな…と不安になりつつ中へ。

f:id:morje:20170414175534j:plain:h500

中に入ると他にお客さんもいたんでよかったです。英語のメニューを持ってきてもらって選択。

f:id:morje:20170414175608j:plain:h500

ピンクのカオマンガイ屋より古いらしいですね。
なんて思ってるうちに来たー!

f:id:morje:20170414175653j:plain:h500

カオマンガイだけど、揚げ鶏と蒸し鶏のミックスにしました。50バーツ。それぞれに付けるソースも違いますね。私の好きなスイートチリソースは揚げ鶏に付ける用だよ。蒸し鶏用のナムチムもこっちも辛かったけど美味しかった!鶏は結構さっぱり風味でしたのでぺろりと平らげました。うん、これもう1皿くらい食べられそうじゃない?

となったらやっぱピンクのカオマンガイ屋に行くしかないってことで、数十メートル離れたお店へ。

f:id:morje:20170414180351j:plain:h500
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

こちらは日本にも支店がある超有名店。中は満席で外には列ができてました。ちゃんと行列用の柵もあるんで普段から並ぶんでしょうね。待ってる人はさほど多くなかったので並んでしばし待つと回転が速いのかすぐに入店できました。

f:id:morje:20170414180549j:plain

テーブルの横にはこの店オリジナルのお水が売られていたり。お店もさっきんとこよりはだいぶ活気があるね。観光客も明らかに多い感じです。

f:id:morje:20170414180654j:plain:h500

てことでこちらでは普通のカオマンガイ!既にナムチムをかけたあとの写真です。40バーツ。うん、こっちも美味しいな!そりゃ人気あるカオマンガイ屋なんだから美味しいに決まってるわなーって感じです。カオマンガイは正直どっちもそこまで際立った違いはないのですが、付いてくるスープの味が全然違った!私はカオマンガイもスープも緑の方が好きかな。でも食べる順番が違ってたら違う感想だったかも。

さすがにカオマンガイのはしごはお腹がきつい。腹ごなしがてらに近くの両替屋に寄ったけど時間が遅かったからかもうやってなくて残念。帰り道すがら、BigCというスーパーマーケットを見学。

f:id:morje:20170414181034j:plain:h500

見て回りたい気持ちはあったんだけどやっぱ着いた初日なんで疲れが半端なくて、パラパラっと見るだけにしました。ここにはまた後で来るつもり。お土産とか安そうなんで。
そのまま歩いてホテルまで。

f:id:morje:20170414181151j:plain:h500

こちらもパワースポット、エラワンの祠。どんな時間に通っても誰かがお参りしてました。
ここからホテルまでの道に屋台が何軒が出てて果物美味しそうだったんだけど、初日で様子見ってことでホテル直近のスーパーに寄ってそっちで買いました。

f:id:morje:20170414181348j:plain:h500

この買った果物、多分マンゴーなんだけど、驚くほどおいしくなくて悲しかった…。屋台で買えばよかった。
そんな感じで1日目が終わったのでした。
続く。