読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201702タイ旅行記その10:ワット・サマーンラタナーラーム3

2/11、ツアーでチュチャンサオにあるワット・サマーンという寺院を訪れています。の続き。

観音様やー!

f:id:morje:20170526161007j:plain

よく見ると左手に何か乗せてる…

f:id:morje:20170526161031j:plain

子供?
観音様の手前には派手なのがどーんと。

f:id:morje:20170526164809j:plain:h500

f:id:morje:20170526164826j:plain:h500

そしてその対面にもまた派手なのがどーん。

f:id:morje:20170526164911j:plain

f:id:morje:20170526164956j:plain

f:id:morje:20170526165024j:plain:h500
鹿!

f:id:morje:20170526165041j:plain:h500
蓮の花の上にナーガ!

頭がいっぱいあるから蛇神ナーガだなって思うのですが、龍との違いは…?Wikipediaによると

元来コブラを神格化した蛇神であったはずだが、コブラの存在しない中国においては漢訳経典において「竜」と翻訳され、中国に元来からあった龍信仰と習合し、日本にもその形式で伝わっている。

ってことです。ふーむ。
ナーガのしっぽを辿っていくと、またも巨大な像があります。

f:id:morje:20170526170153j:plain:h500

とその手前の小屋がまた気になる。

f:id:morje:20170526170228j:plain
みんなメガネ!そしてわろとる!

f:id:morje:20170526170301j:plain
お参りするときは靴を脱ぎます

f:id:morje:20170526171442j:plain:h500

わーお、めっちゃかっこいい!でもタイ語が読めないから何の神様か全然わからない。ヌリシンハかな?この指先に額を当ててお祈りする人が多かったです。
そして、再び相見える

f:id:morje:20170526173049j:plain

f:id:morje:20170526173101j:plain

巨大ブラフマー神像!顔がかわいいw足元に蓮の花があるのは

ヴィシュヌの臍から生える蓮から生まれた(Wikipediaより)

ってことなのかな。
そしてこのブラフマー像の中に入れるみたいなので入ってみました。

f:id:morje:20170526173622j:plain:h500

f:id:morje:20170526173636j:plain:h500

青いからシヴァ神かな。イケメンだ。
隣にはガネーシャ

f:id:morje:20170526173840j:plain:h500

なんかちょっとスッとしてる。
そしてこの神様。

f:id:morje:20170526173940j:plain:h500
ガルダかな?

またも指をぴっとやってる先に額をつける人多し。友人もやってました。
他にもいっぱいいて、さらに売り物もあったりして面白い。特にガネーシャは人気なのかいっぱい置いてありましたね。

f:id:morje:20170526174517j:plain:h500
顔が面白いガネーシャ

もっと見て回りたいところだけど、そろそろ集合時間が迫ってきていまして、ここで泣く泣く離脱。バスに乗る前にトイレに寄ってこってことで探したら、観音様の裏にあるみたい。

f:id:morje:20170526174725j:plain

観音像の台座のところもかわいいのよねー!でも今は、トイレに行きたいんや!

f:id:morje:20170526174910j:plain
えっ

f:id:morje:20170526174930j:plain
キリッ

妙にきりっとした彼らに見守られながらトイレへ。てかここがトイレなんやマジか…。
この近くに屋台街みたいなのもあってそれも寄りたかったなー。ていうかまだまだ回れてないところあるんだよー。またいつか来れるかしら…。

f:id:morje:20170526175157j:plain

集合場所近くの神様に平伏してる象さん。かわいい。
というわけで集合し、ツアーは最終目的地へと向かいます。続く!

201702タイ旅行記その9:ワット・サマーンラタナーラーム2

2/11、オプショナルツアーでワット・サマーンという寺院を訪れた話です。寺院…?って感じのところではありますが、その続き。

色々と気になるものがたくさんあるワット・サマーンですが、いよいよここまで来ました。

f:id:morje:20170525132021j:plain

ピンクの象のところから見えてて気になってた蓮の花です。渡ります!

f:id:morje:20170525131938j:plain
ドラちゃん越しに見てみました

f:id:morje:20170525131906j:plain
さらに渡ります

何故ドラえもんがいるのか、ということはもはや考えなくなっています。

f:id:morje:20170525132224j:plain

渡ってから、さっきまでいたところを眺めた図。屋根の下にアトラクション並みにいろいろありました。この後残り回ります。
さて。

f:id:morje:20170525132654j:plain

f:id:morje:20170525132709j:plain

蓮の花の花弁部はこうなってます。
そして中央は。

f:id:morje:20170525134833j:plain

こんな感じで神様などが配置されています。賽銭箱もあるのでタンブンもできます。ぐるっと一周タンブンするのがいいのかな。
回っていくと、こんな景色が見えます。

f:id:morje:20170525132956j:plain

手前にさっきまでいたピンクガネーシャ。そしてその向こうにまた巨大な像が2つも…。行かねば!
てことで蓮の花を出まして、出てすぐ右側にある建物に入ります。

f:id:morje:20170525133133j:plain

f:id:morje:20170525133144j:plain

こちらは冷房が効いて涼しい礼拝室。そしてなんと、ここには生きたお坊さんが座っているのです!って思わず書きたくなるのは蝋人形のお坊さんを見たからなんですが。とにかく、普通にお坊さんが座ってらっしゃる場所があるのです。何故写真を撮らなかったかというと、ちょうどスマホをいじってらっしゃったので…。その目の前で参拝客が熱心に参拝してるんですけど、まあね、生きてるんだからいろいろありますよね…。

建物を出て、アトラクションエリアへ。いやアトラクションではない!断じて…

f:id:morje:20170525133909j:plain:h500

ここでタンブン用のコインとか灯篭流しみたいな蝋燭セットを買えます。

f:id:morje:20170525134027j:plain

そして替えたコインを投げるタンブン。壺に入るといいとかそういうやつ。灯篭流しはこの下に水が流れていてそこに浮かべられます。こういうアトラクション的なやつ、日本の神社とかにもありますよね。私も色々やりたいけど時間が限られているので次にいきます。

f:id:morje:20170525134433j:plain

再びピンクのガネーシャの前へ。やっぱりこの辺が一番人多いね。その向こうに見える巨大な像に向かいます。
が、向かってる最中にもなんだこれーみたいなものがいっぱいすぎて!

f:id:morje:20170525134532j:plain

このちび僧いろんなところにいるんだけど、みんなサングラスしてるー!って一番左だけメガネー!っていうかわいさ。


f:id:morje:20170525134757j:plain

唐突にスパイダーマンとかスーパーマンとか。ここはお土産とか売ってる場所みたい。


f:id:morje:20170525135100j:plain

f:id:morje:20170525135327j:plain:h500

途中にあるこういう神様たちも興味深すぎていちいち見てしまう。大きな像の下に必ず小さいのがいっぱいあるのっていいね!

f:id:morje:20170525140456j:plain:h500

f:id:morje:20170525164154j:plain

またもちび僧!こっちは帽子にサングラスまたはメガネ!くっそかわええ!全部にタンブンしたくなる!

f:id:morje:20170525140539j:plain

この流れで普通に一休さんいるのどうかと思うんですよ。しかもなんか目が少女漫画・・・。
このあたりは中華圏の神様が多いですね。

f:id:morje:20170525140641j:plain

f:id:morje:20170525140654j:plain

そしてまた唐突に・・・

f:id:morje:20170525140734j:plain:h500
ピカチュウ

はーもう…楽しい!
で、ここまで来ました。

f:id:morje:20170525140830j:plain
観音様!

この回りもまたいろんなものが…
てことで続きます。

201702タイ旅行記その8:ワット・サマーンラタナーラーム1

2/11の話の続きです。オプショナルツアーに参加しています。
次の場所は「ワット・サマーン」!
ここに来るためにこのツアーに参加したのです!ワット・ソートーンからバスで30分くらいでしたかね。近づくにつれてピンクの象の写真を使った看板がここかしこに。そして敷地内に入ってすぐに変な像を見つけたりするも、バスは進んで先の方で止まり、ガイドさんと一緒に外へ。

いきなり!

f:id:morje:20170524144134j:plain

ピンクのガネーシャ像!あまりのいきなりぶりに!でも嬉しい!ここでガイドさんにさらっと説明をしてもらい、解散して自由行動45分ということになりました。わーいピンクのガネーシャ!!!

f:id:morje:20170524144916j:plain

f:id:morje:20170524144901j:plain

f:id:morje:20170524144928j:plain

天気がいいのも相まってなんか清々しい気分になります。でかい。でかいよガネーシャ像。
像の台座にもガネーシャ

f:id:morje:20170524145122j:plain

f:id:morje:20170524145138j:plain

そして像の周りにはネズミがいます。

f:id:morje:20170524145201j:plain:h500

f:id:morje:20170524145219j:plain:h500

タイでは曜日ごとに色が決まっていて、自分が生まれた日の曜日がとても重要なんだそうな。で、その色のネズミの耳に願い事をささやくといいらしい。ただ、このガネーシャ像の前には金色のネズミがいるのです。

f:id:morje:20170524145519j:plain:h500

ここでは曜日に関係なくこのネズミにお願い事を囁くのがいいらしく、そのための列もできています。

f:id:morje:20170524145419j:plain:h500

この写真のように囁くときは反対側の耳を塞ぐのが作法らしいです。てことで私と友人も並びます。右耳と左耳で列ができてますがどっちの耳でもいいみたいなのでそれぞれの耳の列に並び、順番が来たら靴を脱いで台に上がって反対側の耳を塞いで願い事を囁きます。これでいいのかな?とりあえずできた!願い事がかないますように!

f:id:morje:20170524145940j:plain
像の下にちいさいのがいっぱい

ピンクのガネーシャの隣には千手観音ならぬ千手ガネーシャもいました。

f:id:morje:20170524150015j:plain:h500

なんと各手にお札が!

f:id:morje:20170524150119j:plain:h500

そしてピンクガネーシャの対面には川があるのですがその川沿いにもまたいろんなブツがあるのですよ。

f:id:morje:20170524150154j:plain
人もたくさん

f:id:morje:20170524150458j:plain
蛇神だそうだよ

f:id:morje:20170524150618j:plain
意外と大きい

そしてこれらの向こうに見えるあれ。

f:id:morje:20170524150724j:plain

大きい蓮の花…とにかくあそこまでいこう!ってことで近づいてみるのですが。

f:id:morje:20170524150811j:plain

え、ドラちゃんスネ夫ジャイアン…?なんかよくわからなくなってきた。ここなんなん!

f:id:morje:20170524150849j:plain:h500

f:id:morje:20170524153828j:plain:h500

何かわからないけどとりあえず写真に収めてみましたの図。
その横には…

f:id:morje:20170524153907j:plain

お坊さんがずらり!実は蝋人形!写真に撮ると作り物っぽいかもしれないけど生で見ると割とリアルなんですよー

f:id:morje:20170524153957j:plain:h500

他にも気になるものはあるけどとりあえず先に進んでみるのであった。
続く。