読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201312台湾旅行記その8(12/28) 臺鐵便當、そして台中へ

201312_台湾

宿をチェックアウトしましたが特に予定があるわけではなく。とりあえず荷物を台北駅に預けるかなーとタクシーに乗って台北駅まで。いや本当は歩いて行くつもりだったけどスーツケースが意外と重くて。
んで、台北駅です。

台北火車站

ちょっと離れた行李房に行くも何故かやってなくてそのままもう並んで切符買っちゃえって思いまして。

f:id:morje:20140220144723j:plain:w500
台中に行きます

無事ゲット!切符窓口結構並んでたなー。土曜だからなー。そして時間まではちゃんと確かめてなかったけど発車まで余り余裕のないやつを購入してしまい、お弁当も何も買えずにダッシュで階段を駆け下りて電車に乗りました。

f:id:morje:20140220144724j:plain:w500
車内

珍しく窓側。窓側あんまり乗ったことないから嬉しい。
そして、なんかちょっとお腹が空いた気がする。
麺食っただろって思うかもしれませんが、やっぱさー、鉄道乗ったらさー、なんかお腹空くじゃないですかー。飲み物一つ買えなかったのつらいな。2時間半くらい乗るし。などと思ってたら、しばらくして車内販売がきたー!しかも切符をご覧になればわかるとおり1号車ですのでブツもいっぱいあります。となればやはりあれを買うしか…

f:id:morje:20140220144725j:plain:w500
臺鐵便當80元

あと飲み物。

f:id:morje:20140220144727j:plain:h500
お水

やったー!駅弁買えたよー!あったかい弁当イイね!では早速いただきます!

f:id:morje:20140220144726j:plain:w500
排骨便當です

がっつりですが結構ぺろっと行けるのです。駅弁最高だな!
とお腹いっぱいになって爆睡してたのですが、途中何やらうるせーなーと思い始め。なんか周りがばたばたしてる。携帯鳴ってる。と目を覚ますと、すぐ近くの席に何やら人が集まっていまして。どうやら座ってたおばちゃんが意識を失ってるみたい。乗り合わせたお医者さんらしき乗客が一生懸命見てます。そして乗務員の方々が色々連絡を取ってはる。なんだなんだ大丈夫か。
バタバタは30分ほど続いて、その後停車した駅でそのおばちゃんは降りていきました。歩けたからまあ大丈夫かな?周りの人が一生懸命看病というか世話してたけど、誰も一緒に降りなかったところを見るとみんな赤の他人だったのか。すげーな台湾の人。

そんなこんなで到着しました。

f:id:morje:20140220144728j:plain:h500
台中駅

今回の旅はここ台中がメインです。初めての台中。ワクワクだなー!
そして自分の宿がどこかわかってないんだなw いや台中駅の裏なのはわかってるんだけど、どっち口が表でどっち口が裏なのかわからんのだもの。表示だけ見ると思ってたよりどっちの出口も栄えてるような感じだし。
とまあ降りてみましたが、そっちが表だったよね。私あるある。なので、地下通路を渡って裏口(後站)の方へ。

確かに渡った側は裏という感じがしましたよ!台中駅という大きな駅の出口に近いとは到底思えない。でもなんかデパートみたいなのあるから栄えてる感はなきにしもあらずだな。

ということでNEXUS7をようやく開いてホテルへの道を確認しながら歩くこと5分。ホテルに到着いたしました。

f:id:morje:20140220144729j:plain:w500
企業家大飯店

なんか結構よさげなホテルじゃない?値段で選んだにしてはまともそう。中もまあ豪華な感じはありました。ちょっと古いけどね!ホテルについては旅行記の最後にまとめて書きます。

お部屋に案内されてほっと一息なのですが、とにかく寒い!台湾来てからずっと寒いけど建物入っても寒いよー。なんでかっていうと暖房がないから。こんな寒いの台湾でもあんまりないらしい。ニュースでもこの寒さで50人死んだって言ってたし。台中は台北に比べたらまだマシそうだけど。そして宿の部屋がなまじ広めなのであたたまらず寒い。布団に潜ってインターネッツなどをやってました。特に今日は予定もないのでだらだらと。
さてどうするかなー。
続く。