dnevnik

旅日記

201807台湾旅行記その2:台北1日目後半

2018年7月15日の話です。

ホテルにチェックインしに来ました。

今回台北で2泊するホテルは趣旅館林森館です。

ホテル ファン リンセン(台北市)– 2019年 最新料金

今回台北の宿を選ぶにあたって「ツインベッド」「1泊5千円くらい」「駅近」「窓あり」「バスルームが透けてない」っていうあたりを重視したんですが、バスルームスケスケ問題が一番ネックだったような気がします…。なんかね、いいなって思った宿大体バスルームがガラス張りなんですよ。まあ多分ロールカーテンとか付いてるとは思うんですけど、確証がなかったりして。あとまあ安いと窓がないのがデフォルトだったり。そんな中で検索してたら出てきたのがこのホテルでした。ホテルというかホステル兼ホテルです。

f:id:morje:20190612175437j:plain

2階建ての建物の2階部分が宿泊するスペースなのですが、この図でいうところの左側2/3が独立したお部屋で、右1/3がドミトリーになってます。すっごい横長!1階部分にフロント、朝食スペース、ランドリースペースなどがありました。

f:id:morje:20190612175952j:plain

ここがフロントです。横長なのでフロント部分が結構中の方というか駅から遠いのが若干つらいですが。チェックインしたらお部屋へ。

f:id:morje:20190612180054j:plain

階段上がった先には交流スペース的なものがあってマッサージチェアなどもありました。マッサージチェア無料だったのかな。自販機は有料。で、私たちのお部屋はこのお遊びスペースの真ん前だったので結構うるさかったです。

f:id:morje:20190612180209j:plain

お部屋!これは朝撮ったので寝た跡が残ってますけども。

f:id:morje:20190612180315j:plain

中学校のグランドに面してまして割といい気分になれます。多分みんな部屋は窓アリだったんじゃないかなー構造をみると。

f:id:morje:20190612180440j:plain:w375

f:id:morje:20190612180502j:plain:w375

バスルーム綺麗でした。そして部屋まで透けてなかった!よかった。

f:id:morje:20190612180532j:plain:w375

二人だとちょっと狭いかなって気もしますけども許容範囲。
で、ホステルを兼ねているので、ホテル内にランドリールームがあり、洗濯機乾燥機が自由に使えます。無料!これはありがたい。今回使わなかったので写真は撮らなかったのですが複数台ありました。まあ混んでたかなーとは思いますけど上手く時間を分ければ大丈夫なのではないかと。

そして、朝食も付いてます。無料!

f:id:morje:20190612180946j:plain

f:id:morje:20190612181311j:plain:w375

宿泊最終日の朝食終わりかけくらいの時間にさっと見ただけなのですが、軽食っていうレベルじゃなくて割とまともなビュッフェでした。これだったらここで食べればよかったねえなんて思ったり。でも台北って魅力的な食事場所いっぱいあるからなー。

こんな感じで2泊で代金2,498元でした。当時のレートで9千円ほど!安い!駅近でちょっと歩くといろいろ店もあるし施設も充実してるしめちゃくちゃよい宿だった!気に入って、翌月台北に来た時もここに泊まってしまったくらいです。おススメ!


ということで、チェックインして荷物を置いてちょっと落ち着いたらまたMRTに乗ります。目指すは淡水!夕焼け!でもちょっと出遅れた感があって、駅に着いた時には既にマジックアワー的な感じになってました。ので、とにかく急いで川沿いを歩いて歩いて綺麗に見えそうな場所まで突っ走りました。

f:id:morje:20190612182156j:plain

f:id:morje:20190612182209j:plain

f:id:morje:20190612182221j:plain

f:id:morje:20190612182232j:plain

何とか見れたーよかった綺麗だった!
それにしても淡水めちゃくちゃ人多いな。多すぎてちょっと川沿いあたりは歩くのがしんどいくらいで。結局中山路の方に出まして。

f:id:morje:20190612182411j:plain:w375
阿香蝦巻

f:id:morje:20190612182432j:plain:w375

私の中で淡水といえばここの蝦巻なんですよね。めちゃくちゃ旨い。好き。

そして人の多い淡水を後にして、MRTで民権西路まで行き、そこから雙城街へ。やっぱり慣れ親しんだこのあたりに来ると落ち着くなー。まあ日曜の夜なのでそれなりに混んではいるのですが、それでも黄記に寄ったら座れたのでそこで食事にしました。

f:id:morje:20190612182707j:plain:w375

手前が私が好きな豚の角煮の焢肉飯50元です。あと青菜炒め35元と魯肉飯小30元と花枝焿というイカのとろみスープ的なもの50元!安定の美味しさ!相変わらずテイクアウトのお弁当にはめちゃくちゃ人が並んでましたね。美味しかったです。

そして夜市をぶらりしてたら水餃の店発見!

f:id:morje:20190612183748j:plain:w375

前から一度ここで食べてみたいと思ってたんだよなー!珍しく席が空いてたりしたのでチャレンジ!

f:id:morje:20190612183952j:plain:w375
60元

わーもちもち美味しい!既にお腹いっぱいの上に一人10個は多かった気もするけど、美味しくてつるりと入った!あー思い出してもまた食べたいですなー。
さすがにお腹いっぱいになりすぎてあとは何も食べれず、宿まで歩いて戻ったのでした。
1日目おしまい。2日目に続く。