dnevnik

旅日記

201710台北旅行記その3:倆倆號、延平南路、小南門點心世界、師傅的店

10/8に行った店など

この日もトーストサンドからスタートしたいってことで、インスタで見かけたこの店に行くことに。まあここはトーストサンドというかホットサンドの専門店なのですが。台北にいくつか店舗があるんだけども、行ったのは台北駅近くの店。

8時開店なのでそれくらいに行ったらまだシャッター開いてなくて、しばらく待ったけど開かなかったのでウロウロして戻ってきたら開いてた!

f:id:morje:20180207115136j:plain

しかももう結構人が入ってる!

f:id:morje:20180207115202j:plain:w375

そんなに時間経ってなかったのにいつの間に…?まあ席は空いてたのでとりあえずキープしてからの注文はカウンターにて。

f:id:morje:20180207115246j:plain:w375

f:id:morje:20180207115301j:plain:w375

メニューには英語が併記されているのでそれを見つつ。うーん、やっぱおススメマーク付いてるやつから選ぶか。

f:id:morje:20180207115557j:plain:w375

f:id:morje:20180207115614j:plain:w375

確か飲み物はすぐに出てきてそれ持って席に戻った気がするー。あとは番号を呼ばれたら取りに行くのですが、念のため前に注文していた人を覚えておいてその人が受け取ったら次だと思うことに。ってことで来た!

f:id:morje:20180207120058j:plain

法國號火雞乳酪蛋吐司80元と泰國奶茶(冰)70元。French Hao Turkey Cheese Egg Toastってことでまあなるほど…って感じでしたけど、バジルソースがかなり強い!美味しいけどもうちょっと抑えめでもよいのではなかろうか。タイアイスミルクティーはタイっぽい感じあったかな?タイっぽいとはって感じだけど!

  • 延平南路(撫台街洋楼)

倆倆號から我が宿に向かう途中に「撫台街洋楼」という史跡があるっぽかったので寄ってみることに。

f:id:morje:20180207132649j:plain

水平の取れてない写真ですいません。建物の説明は以下参照

旅々台北【新旧の時代を感じられる場所 撫臺街洋樓】

ここもよかったけど周辺の建物もなかなかよかった。

f:id:morje:20180207132431j:plain

f:id:morje:20180207132443j:plain

f:id:morje:20180207132458j:plain

f:id:morje:20180207132925j:plain

そしてこの通りの反対側には相機街がありました。

f:id:morje:20180207133318j:plain

っていいつつ、相機街とは?って思ったらカメラ街ってことらしい。なるほどー。まだ開店前だったから店は見れなかったけど、楽しそうなのでいつかは寄ってみたいですわね。

  • 小南門點心世界、TTI

ライヴ後知り合いと小籠包食べようってことになったんだけど、日曜の夕方前ってことでなかなか開いてる店がなくて、結局台北駅2階の食堂街へ行ってここを発見。

f:id:morje:20180207133717j:plain

中途半端な時間だけど結構いっぱいだったよ。それでも空いてる席があったのでIN。窓際の席から外を見たら台北駅の吹き抜けでした。

f:id:morje:20180207133808j:plain

人がいっぱい!これ、台湾人もいると思うけど、東南アジアからの出稼ぎの人が休みの日に仲間と集まったりしてるらしい。香港のセントラルで見るような風景に近いってことかな。前もこれ見て驚いたのだけどそういえばその時も日曜だったなーって思いました。

f:id:morje:20180207134536j:plain:w375

さてメニュー。小籠包目当てで来たのでノーマルと蟹みそを注文。

f:id:morje:20180207134624j:plain:w375
蟹黄湯包220元

小籠湯包は180元でした。あともう一つ、知り合いが何かお腹に溜まりそうなものをってことで頼んだのがこれ。

f:id:morje:20180207134818j:plain:w375
牛肉炒餅148元

飯類のところにあったやつだったのでご飯だと思ってたら麺だった!まあ正確には餅っていうか小麦を練ったものを薄く細く切って炒めてるそうである。よくわからんけどまあ食べるかーって食べたらこれが…え、なにこれめちゃくちゃ美味しい!めっちゃ好き!!!ってなりました。正直今回の旅の中で一番美味しかったし過去で考えても上位に入るくらい美味しかった!それがこの店だから美味しいのかそもそも炒餅という料理が美味しいのかがよくわからないけど、少なくとも私はとても好きな味!多分この炒餅食べるためだけにまたここに来るくらい好きでした。って書いてる今も食べたい…。

知り合いと別れたあとは、Y區地下街へ。もちろんここに来たわけです。

f:id:morje:20180207140300j:plain
TTI

愛読しているブログ「台湾出稼ぎ、ぼっち放浪記」で知ったお店です。台北に来たら必ず寄りたいフルーツジューススタンドです。この日は地下街自体に人がいっぱいいたせいもあってお店もめちゃ混み。でもなんとか注文。目の前で作られます。

f:id:morje:20180207140643j:plain:w375
わしの西瓜!

f:id:morje:20180207140717j:plain:w375
できあがり!西瓜汁50元

やっぱここの西瓜汁は旨いなー。冬でも薄さを感じないのがよいのよね。ごちそうさまでしたー。あと1回くらい来たいけど地下街の混雑には辟易してしまったので連休中は無理かも…。

  • 皇家峇里経典養生会館、師傅的店

宿に戻って西門をうろうろ。ライヴ疲れもあったので通りすがりのマッサージ店へ入ってみました。

f:id:morje:20180207141322j:plain:w375

客引き担当のお姉さんが日本語ペラペラだったので意思疎通には問題なく。

f:id:morje:20180207141402j:plain:w375

足裏だけでよかったので、一番上のやつで。担当になったおにーちゃんが若くて力も強めだったのですが、痛いの苦手なので何度か悶絶したり。そこまですっきりとはしなかったけど疲れは取れた気がする!そしてこの日の夕食というか夜食的な感じで宿の近くにあった「師傅的店」というお店へ。

f:id:morje:20180207141835j:plain:w375

ボケた!ちょっと小道に入ったお店で、知らなかったら絶対に入らないなってところですね。何故来たかと言えば、ライヴの演者がここで食べてたからです!聖地は巡礼したいタイプです。外から中が伺えなかったので恐る恐るドアを開けるとすぐに席に案内してもらえました。閉店時間近かったこともあってあと1組しかお客さんはいなかったかな。

f:id:morje:20180207142040j:plain
メニュー

むむ…牛排の店ということで来たんですが色々あるな…漢字表記だからいまいちよくわからないけど…こういうときはおススメらしいものを食べようってことで、中央一番上に赤で書いてあったやつとスープを注文しました。

f:id:morje:20180207142556j:plain
雙塊沙朗牛排230元

品物が来て初めて漢字の意味を知る。雙塊ってつまりダブルってことかー!ソースも2種類付きます。確かソースは選べた気がする…記憶の彼方…

f:id:morje:20180207142909j:plain脆皮濃湯45元

パイ包みのコーンスープ!本当は90元だけどステーキとセットにしたので半額の45元になりますした。パイの部分がめちゃ美味しい!コーンスープも結構濃厚でよかったな。
牛排もまあ美味しかったんですけど、やっぱ日本人なのでステーキには白米付けたくなってしまうよなー。付け合わせのスパゲティがその代わりなんだろうけども。飯をください!って何度も思ったよ…。
あと途中喉乾いて死にそうになってたら店の中央部にお茶のサーバーがあった。無料!生き返った。


てことで続く。