dnevnik

旅日記

201702タイ旅行記その11:100年市場(クロンスアン市場)、アユタヤ・エレファント・キャンプ

ツアー最後の地は「100年市場(クロンスアン市場)」です!

f:id:morje:20170619155831j:plain:h500

ガイドさんと一緒に市場の中に入り、いくつかの店の説明を受け、集合時間と場所を知らされて解放されました。なんか時間が押してるなあとこの時はまだぼんやり。で、この市場、そんなに栄えてないような。お店の人もいないような店も多くて、のんびりしてます。

f:id:morje:20170619155926j:plain:h500

こんな感じの場所も多くて割と和む。そしてお昼ということで友人とここでごはん食べようかという話になり。中央あたりに飲食系の店があるんですけどやってるのかやってないのか…。お店の人どこなの?

f:id:morje:20170619160157j:plain:h500

とりあえずお店の人がいたこの店で注文することに。食べたかった品は土日はやってないということで結局。

f:id:morje:20170619160235j:plain:h500

炒飯的な。いくらだったかなー。もう記憶の彼方すぎる。

f:id:morje:20170619160355j:plain:h500
店の後ろ

あっちに席があるからあっちで食べるかー。

f:id:morje:20170619160433j:plain:h500

こんなところでのんびりと。右側には川があります。友人はバッタイを食べてましてこっちは結構美味しかった。炒飯はまあ普通でございました。
さて、こうやってわしらのんびりしてるけど、ツアーが確実に時間押してるなあと。そもそも市内到着予定時間がこの100年市場の集合時間になってるわけで。まあでも1時間余裕あるし間に合うかなあと。行きと同じ場所で降ろされたらそこからダッシュでBTS乗ればなんとかなるかなという話をしたり。
ということで早めに出たいから早めに集合しよう。今までも他の皆さん早めに集合してたしな!ってことで集合場所を目指します。
なんか橋を渡った向こうらしい…

f:id:morje:20170619161021j:plain:h500

橋からの眺め!
で橋を渡った先にすぐ駐車場とかあるのかと思ったんですけど、さっきの市場がまだ続いてる!

f:id:morje:20170619161112j:plain:h500

ブレた写真しかないけど。あれ、もしかしてこっちの方がにぎやかな感じ?店もいっぱいある?なんだそうなのかあ。意外と大きな市場だったんだなあ。大きいって言うか、長い。待ち合わせ場所であるらしいところは出口を左に行けばいいらしいのだけど出口?ってなりながらなんとか探してその近くにトイレもあったのでそこで用も済ませて集合です。他の皆さんも時間が余ってたのかあっさりと集まりました。
うーん、でもやっぱり押してるね!1時間は押してるんじゃないの?
ガイドさんに何時くらいに着くのか聞いたら1時間くらいと。今1230、次のツアーの集合時間1330。あれ、やっぱり間に合わない…?
どっかで午前と午後のツアーに続けて参加できるみたいなこと書いてたような気がしたんだけど…。まあ間に合わなかったらそれはそれでしょうがないかー、鉄道で追いかけて間に合えばいいなーくらいの気持ちだったんですが、一緒にいた友人が、別行動で動いてる友人に連絡を取り、午後のツアーの連絡先をゲットし、電話でやりとりしてくれました。空いては
最大15分までは待ちますとのこと。うん、ギリギリ行けるのでは…?これはあとは早く着くことを祈るだけだなとなりました。

そして!なんと!奇跡的に!間に合いました!ツアー出発!まあ友人が逐一相手に電話してくれて今どこですあとどれくらいですって連絡してくれたおかげでもあるのですが。同じツアーの参加者の皆様にはお待たせして大変ご迷惑をおかけいたしました。

と、間に合ったのはいいんだけど!
実はこの時ワタクシ、携帯を落としておりまして。
アーバスから速攻で降りて(ナーナー駅で降ろしてくれた)BTSに乗ったんですけど、多分その時、荷物の中から財布を出すのにうっかり携帯を落としてしまったのでした。BTSに乗った時にはもう携帯がないのに気づいてたんですが時間もないので戻れず。そして合流したバスの中でカバンをあさったけどやっぱりなくて。友人に前のバスツアーの会社に電話してもらって落し物がないか聞いてもらったのですが、なく。てことはやっぱり駅だよなー。Googleに端末登録しているんで、友達の携帯からログインして端末検索したら、やっぱりナーナー駅にあると出まして、まあ駅にあるなら大丈夫かなって思って割と呑気にいたのでした。


てことで午後のツアーはこれです。

www.veltra.com

アユタヤ観光ツアー+象乗り!夕食は付けずにツアーだけでございます。
バスの中でざっくりと案内を聞いてからのスタート。携帯がないので時間がわからないのが難点ですw
で、最初に訪れたのはここ。

f:id:morje:20170619163008j:plain

f:id:morje:20170619163024j:plain

かなりわかりづらいけど、アユタヤ・エレファント・キャンプ!最初は別の場所から始まる予定だったと思うんだけど、エレファントキャンプの終わる時間が早いらしいのでこっちが先になりました。

f:id:morje:20170619164542j:plain

ガイドさんがここでチケットを引き換えてツアー客に配ります。で終わり。え、どこで象に乗るの?よくわからないまま、とりあえず他のお客さんが行く方に付いていきますと、いました!

f:id:morje:20170619164643j:plain
象さん!

やっぱ近くで見るとでかいな…。ということでチケットを手にした我々は象に乗るべく列に並びます。

f:id:morje:20170619164930j:plain

あれに乗るんだー。かわいい!
そして順番が来て、私と友人1が一緒に乗ります。

f:id:morje:20170619165003j:plain:h500

やぁやぁこんにちわ!って結構高いし不安定だし怖い!象を足で踏んで乗るのも若干の躊躇がありましたけど、ようやく乗った!わーめっちゃ揺れるー!

f:id:morje:20170619165103j:plain

水浴びする象さんを横目に見ながらのったらと進みます。

f:id:morje:20170619165206j:plain

f:id:morje:20170619165234j:plain

と前を行く象さんが道路に出たー!そして我々の象さんもそちらへ…

f:id:morje:20170619165333j:plain

他の象とも行きかいます。ちょっと行ったところに眺めのいい場所があって、そこで象さんストップ。

f:id:morje:20170619165411j:plain

ワット・プラ・ラームを象の上から眺めるの図。
とそこへ、後ろにいたもう一人の友人の象がやってまいりました。

f:id:morje:20170619165649j:plain

写真を撮りやすいようにポーズを決めてくれたり。そして何やら芸を…

f:id:morje:20170619165731j:plain

象使いが「チップーチップーヒャクバーツ!」と。なんだってー!そうか、そういうプレイがあるのか。出さないと終わらなそうだしなあ…と思ってたら友人が出してくれたw

f:id:morje:20170619165840j:plain
象の鼻が!

f:id:morje:20170619165909j:plain
100バーツ札をつかんだー!

はい、よくできまーした。
もう一頭の象に乗った友人も同じように100バーツを取られまして、この地での任務終了です。象で元来た場所に戻ります。

f:id:morje:20170619170022j:plain

乗ったところで降りますね。
降りたら象さんがポーズ取ってくれてました。

f:id:morje:20170619170056j:plain:h500

約10分の象乗りでしたけどまあ楽しかったかな!チップが想定外だったけど!
あとは集合時間まで売店を見たり。

f:id:morje:20170619170153j:plain

売店の方でも象が芸をしていました。一緒に写真も撮れたそうだよ。
そんなこんなで象乗り終了です。次の場所に向かいます。
続く!