読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201702タイ旅行記その2:MR.MAKVID、トリムリティの祠、緑とピンクのカオマンガイ屋

2/9の続きです。

ホテルから10分くらい歩いてCentralworldに来ました。

f:id:morje:20170414170530j:plain:h500

わー大都会感ある!実は明日からここでJAPAN EXPO THAILANDが行われるのですが、私たちもそれを見に来たのがこの旅の目的です。まあそっちの話は別の方に書いたのでこちらでは省略。
Centralworldの中には入らずその周りをぶらぶらとします。

f:id:morje:20170414170850j:plain:h500
でっかい!

このでっかいオブジェの近くにマンゴーが並んでる屋台がありました。

f:id:morje:20170414170924j:plain

同じ続きの店ではマンゴースムージーやココナツジュースを売ってました。

f:id:morje:20170414171019j:plain:h500
MR.MAKVIDという店らしい

わー、マンゴースムージー飲みたい!でも1杯飲み切る自信がないので友人とシェアで1つ頼むことにしました。

f:id:morje:20170414172625j:plain:h500
おねーさんが作ってくれたよ!

f:id:morje:20170414172650j:plain:h500
マンゴートッピングして全部で90バーツ

作ってるのを見てたけど砂糖ざっくり入れてましたね。そのせいか妙に甘ったるい…。普通にマンゴーだけで良さそうな感じなんだけどなー。甘くないとダメなのかしら。ほとんど友人にあげてしまった。

んで、今夜Centralworldに来た理由。それは、伊勢丹前にある「トリムルティの祠」に来るため!

www.bangkoknavi.com

バンコク随一の恋愛の神様!バンコクナビの説明にもある通り、木曜の夜9時半にお参りすると願いが叶うということで、ちょうど木曜である今日お参りするしかないってことで来たわけです。

f:id:morje:20170414173113j:plain:h500

この写真は21時くらいに撮ったやつでまだ人はそんなにいないのですが、おそらく21時半を待っているであろう女子たちが後方にお参りセットを持って多数控えておりました。そして、我らも21時15分くらいにお参りセットを祠近くのお店から購入します。

f:id:morje:20170414173830j:plain:h500

お参りセットには、9本の赤いバラと線香、赤い蝋燭2本。そして唱える言葉を書いた紙が付いてます。タイ語だから全然読めないけどー!いくらだっけ80バーツとかかな。買ったところのお店のお姉さんにそれぞれ指さされて「1,2,3,4」とと捧げる順番は聞きましたが詳細がよくわからないのであとは見よう見まねでやるしかないと。そしてもちろん唱える紙はタイ語。全然読めない!

f:id:morje:20170414173952j:plain:h500

21時20分くらいにはこんな感じです。ここからさらに人が増えていきます。私たちもお参りセットを持って靴を脱いでやる気満々です。21時半ぴったりにお願いすることができるように、まずは蝋燭を立てたいわけですが、蝋燭立てのようなものがあるわけではなく、皆さん蝋を垂らして器用に蝋燭を立てていきます。え、いきなり難しい!風が結構吹いてることもあって火も消えそうだし蝋がなかなかうまく垂れない!さらにその場所がなかなかに狭くて人も多いから本当に大変。でもなんとか蝋燭を立てまして、線香に火をつけます。そして時計を見ながら、21時半ぴったりに跪いて線香と薔薇を掲げながらお祈りです。ここで本当は紙を見てタイ語を唱えないといけないのだろうけど、日本語でも通じると信じて!

お祈りが終わったら線香を線香立てに立てに行くのですが、この線香立てもなかなかに小さくてあっという間に立てる場所がなくなるので、掃除する人が横についていっぱいになったらすぐにその線香を取ってくれて、またさらにそこにみんなが刺す、っていうのの繰り返しでした。私も2回目くらいでようやく線香を刺すことができまして、最後に薔薇を捧げます。

f:id:morje:20170414174752j:plain:h500

これで一応お参りはおしまいです。果たして作法が正しかったのかは謎ですが、やりきった!願いかないますように。かなったらお礼を言いに来るぞー!

f:id:morje:20170414174922j:plain

これは21時40分くらいの様子。左の映ってないところにたくさんの女子が跪いてます。カオスでした。でもなんか楽しかった!

さてお参りも済ませましたしあとはご飯です。ここから歩いて10分くらいのところに有名なカオマンガイ屋があるということで、そちらに向かってあるくことにしました。ラチャダムリ通りを北上してからペッブリー通りへ右折します。なんか賑わってる店が並んでるなあ。でもお目当ての店はここ!

f:id:morje:20170414175415j:plain:h500
クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム

ここは通称「緑のカオマンガイ」と呼ばれてるところです。まあここを語るにはまず近くのピンクのカオマンガイを語らないといけなんだろうけど、とりあえずこっちの方が美味しいという評判も多かったんで来てみました。お店の子たち暇そうだけど大丈夫かな…と不安になりつつ中へ。

f:id:morje:20170414175534j:plain:h500

中に入ると他にお客さんもいたんでよかったです。英語のメニューを持ってきてもらって選択。

f:id:morje:20170414175608j:plain:h500

ピンクのカオマンガイ屋より古いらしいですね。
なんて思ってるうちに来たー!

f:id:morje:20170414175653j:plain:h500

カオマンガイだけど、揚げ鶏と蒸し鶏のミックスにしました。50バーツ。それぞれに付けるソースも違いますね。私の好きなスイートチリソースは揚げ鶏に付ける用だよ。蒸し鶏用のナムチムもこっちも辛かったけど美味しかった!鶏は結構さっぱり風味でしたのでぺろりと平らげました。うん、これもう1皿くらい食べられそうじゃない?

となったらやっぱピンクのカオマンガイ屋に行くしかないってことで、数十メートル離れたお店へ。

f:id:morje:20170414180351j:plain:h500
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

こちらは日本にも支店がある超有名店。中は満席で外には列ができてました。ちゃんと行列用の柵もあるんで普段から並ぶんでしょうね。待ってる人はさほど多くなかったので並んでしばし待つと回転が速いのかすぐに入店できました。

f:id:morje:20170414180549j:plain

テーブルの横にはこの店オリジナルのお水が売られていたり。お店もさっきんとこよりはだいぶ活気があるね。観光客も明らかに多い感じです。

f:id:morje:20170414180654j:plain:h500

てことでこちらでは普通のカオマンガイ!既にナムチムをかけたあとの写真です。40バーツ。うん、こっちも美味しいな!そりゃ人気あるカオマンガイ屋なんだから美味しいに決まってるわなーって感じです。カオマンガイは正直どっちもそこまで際立った違いはないのですが、付いてくるスープの味が全然違った!私はカオマンガイもスープも緑の方が好きかな。でも食べる順番が違ってたら違う感想だったかも。

さすがにカオマンガイのはしごはお腹がきつい。腹ごなしがてらに近くの両替屋に寄ったけど時間が遅かったからかもうやってなくて残念。帰り道すがら、BigCというスーパーマーケットを見学。

f:id:morje:20170414181034j:plain:h500

見て回りたい気持ちはあったんだけどやっぱ着いた初日なんで疲れが半端なくて、パラパラっと見るだけにしました。ここにはまた後で来るつもり。お土産とか安そうなんで。
そのまま歩いてホテルまで。

f:id:morje:20170414181151j:plain:h500

こちらもパワースポット、エラワンの祠。どんな時間に通っても誰かがお参りしてました。
ここからホテルまでの道に屋台が何軒が出てて果物美味しそうだったんだけど、初日で様子見ってことでホテル直近のスーパーに寄ってそっちで買いました。

f:id:morje:20170414181348j:plain:h500

この買った果物、多分マンゴーなんだけど、驚くほどおいしくなくて悲しかった…。屋台で買えばよかった。
そんな感じで1日目が終わったのでした。
続く。