読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その15:Time Goes Fast(食光啡宿)

旅行記最後に今回泊まった宿「Time Goes Fast(食光啡宿)」について。

www.booking.com

探し始めたのが12月もちょい過ぎてたせいか、よさげなところは結構埋まってたし、あっても値段が高かったりでどうしようかなーって見てた時に、この宿を発見。駅からは遠いけど、正興街とか國華街とか近いしこの辺なんとなくわかるからいいかなーって。ユーザー評価も高めで値段も安いし写真を見る限りは綺麗そうだし、てなことで決定。

f:id:morje:20170314144350p:plain:h500

1/1~1/4の3泊でコミコミ5200TWD。日本円で2万円弱ってところかな。

で、ぶっきんこむから予約したら宿から英語でメールが来て、要約すると、「チェックイン時間(16~17時)に来れるなら半額、来れないなら全額デポジットとしてPaypalで払ってね、24時間以内に払ってくれないと予約できないよ、払ったら宿のFacebookからメッセージ送ってね」というようなことが書いてありました。えー、チェックイン時間短いね!まあどのみちこの時間には間に合いそうにないので、全額Paypalにて支払い、Facebookにて連絡を入れました。その後はFacebookで返信が来て、「宿の玄関の鍵のコードを到着日当日にFacebookで送るよ。鍵はフロントデスクに置いておくから自分で取ってってね」とのことでした。

そして当日の17時くらいに宿から鍵のコードと、開け方の動画と、冷蔵庫と飲み水の場所(1階)と、鍵の置き場、そして何かあったら連絡してねということで電話番号が送られてきました。

宿の場所はここ。

台南駅からは遠いです。今ぶっきんこむのアクセスのところを見たら、14番のバスで「中國城」で降りたらいいって書いてあったわ。確かにこのバス停が最寄りっぽい。でも台南のバスってあんまり使えないとこあるんで、タクシーで来るのが無難じゃないかなあ。多分100元しないはず。

正徳街に入って37巷を曲がります。この辺結構わかりづらいと思うけど、一度覚えれば簡単よ!

f:id:morje:20170314151453j:plain:h500
入口

ドアのところに鍵のコード入れるやつがあるんでそれをタッチしたいんだけど、このやり方が毎度よくわかんなくて苦労したわ。数字のパネルが一発で出てこないんだよ。初回できなさすぎて中にいた別のお客さんが開けてくれたし…。最後まで正解がわからなかったよ!

f:id:morje:20170314151712j:plain:h500
フロント

f:id:morje:20170314151728j:plain:h500
その横

このフロントに名前を書いた紙と鍵が一緒に置いてありました。鍵に何号室みたいなの書いてあった気がするけどよく覚えてないなあ。でも、え、部屋どこだよって思ったのは覚えてる。なんかわかりづらかったんだよなあ。しかも部屋3階とかマジかってなった。どうやって上がるのかというと。

f:id:morje:20170314152013j:plain:h500

か、階段…。

f:id:morje:20170314152032j:plain:h500

エレベーターとかあるはずもなかった。しかも階段が狭くてスーツケース持ったままだと上がるの大変!
上に着いたらまだ上があったよ

f:id:morje:20170314152110j:plain:h500

どうやら私の部屋はこの上らしい。

f:id:morje:20170314152205j:plain:h500
また狭い

上がったらちょっとしたスペースになってました。

f:id:morje:20170314152313j:plain:h500

ティーセットはここにあるやつを使いましょうという感じですね。
ここから中庭が見えるデッキに出れました。

f:id:morje:20170314152355j:plain:h500

3階には部屋が2つ。私の部屋どっちだろ。

f:id:morje:20170314152422j:plain:h500

f:id:morje:20170314152503j:plain:h500
ここか?

f:id:morje:20170314152519j:plain:h500
ここでした

部屋番号とか全然書いてなかった気がするんですけど!鍵を刺すまで本当にこの部屋かわからなかったよ…。

f:id:morje:20170314152619j:plain:h500
入口にスーツケース置いた

f:id:morje:20170314152638j:plain:w375
ベッドー

f:id:morje:20170314152654j:plain:w375
テレビー

お部屋はかわいかったです。

バスルームは入口すぐのところに。

f:id:morje:20170314152844j:plain:w375
バスタブなし

f:id:morje:20170314152903j:plain
歯ブラシとか

シャンプーとボディシャンプーはシャワールーム備え付けの容器に入ってました。まあビジネスホテルみたいなあれです。
他の詳しい写真はぶっきんこむの写真を見てくれれば大体わかるかなー。

というような感じで。

どうだったかっていうと、うーん。難しいね。部屋はかわいくてよかったのだけど。

とにかく、宿の人が宿に全然いないんですよ。滞在中、私は1回も会いませんでした。部屋の掃除やアメニティの補充もなし。ごみは自分で片づけて1階のゴミ捨て場に捨てる。冷蔵庫は1階のフロントにある1台のみ。基本的にセルフで。まあ、気楽っちゃー気楽だし、だからこそ安いんだろうけど、でもなぁ…。荷物を預かるスペースはありますっていったって宿の人がいないから結局自分で置いてくだけだし…。まあ、宿の鍵自体が知ってる人しか開けられないんでセキュリティ的にはそれでも大丈夫なんだろうけども。
ぶっきんこむでそこまで高評価なのいまいちよくわからないかもってちょっと思ったり。でも、私にはわからない良さがここにはあったのかもしれない。

場所はいろいろと便利なんですけどね。コンビニも近い、食べ歩くにはいいお店が周りにはいっぱい、夜遅くまでやってる店も多し。

だけど、また泊まりたいか?って言われると…。多分二度目はないかな…。せめてコインランドリーが備え付けだったらなぁ…。

というわけで台南旅行記でした!!!

次からは2月に行ったバンコクのこと書こうと思います!