読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その6:七股鹽山続き

201701_台南

1/2の話の続きです。七股鹽山をうろうろしてます。

f:id:morje:20170224132849j:plain

このキャラクターは何か有名なのか、それとも酉年だから鳥ってことでこれなのか。
園内には建物がいくつかありまして、その中に遊具があったりお土産屋があったり。

f:id:morje:20170224132948j:plain

鹽炒花生と鹽焗蛋。塩で炒めた落花生と塩で焼いた玉子かな?実物は見てない。

f:id:morje:20170224133719j:plain

遠くからでも存在感ありすぎるよ。
この左の建物に入ってみました。

f:id:morje:20170224133755j:plain

機関車が並んでましたけどこれは製塩工場で使われてたやつなのかしら。んで、この機関車のあるところの向かい側にですね。

f:id:morje:20170224134050j:plain
鳥居…?

f:id:morje:20170224134105j:plain:h500
神社…?

先に進んでみると、祀られていたのは塩でした。

f:id:morje:20170224134222j:plain

横には塩でできたこれが。

f:id:morje:20170224134242j:plain

富士山かな?桜、神社、富士山と妙に日本チックなここは何なのか。いるときには何かわかってなかったけどどうやらこういうことらしい。

www.excite.co.jp

なるほどー!富士山じゃなくて阿蘇山かー!神社も阿蘇神社だったんだなー!

この建物を抜けますと、製塩体験コーナーみたいなのがありまして。

f:id:morje:20170224134920j:plain

f:id:morje:20170224134927j:plain

f:id:morje:20170224134934j:plain

まあ園内だだっぴろいんですよね。そして大体見てまわった感じなんでバスで帰ろうかなーってバス停に行ったら!3分前にバスが出ていた!次のバスまで1時間くらいある。ちゃんと時間調べてから観光すればよかった。あと1時間どうしよう。

まああとは食べるくらいしかないかなってことで、屋台が並んでるところを見てみよう。

f:id:morje:20170224135251j:plain

食堂も1軒あるんですが、お客さんはこっちで調達してる人の方が多いですかね。

f:id:morje:20170224135320j:plain:h500

あれはなんだろう?と一軒の屋台に寄ってみた。

f:id:morje:20170224135408j:plain

ちっちゃい目玉焼きがいっぱい!見てたらおばちゃんに客引きされたのでそのまま買ってみました。

f:id:morje:20170224135826j:plain
50元

ソース掛けて食べたんで、まあ、目玉焼きですね、っていう味でした。
続いてこちら。

f:id:morje:20170224135915j:plain:h500

おばあちゃんが一人でやってるお店でした。海鮮系いろいろ。蚵嗲を買ってみたよ。

f:id:morje:20170224140122j:plain
30元

うーん…。なんだろ、ちょっと思ってたのと違ってたなー。まずくはないけど…っていう。
あとは虱目魚の干物があったり。

f:id:morje:20170224141744j:plain:h500

定番の香腸の屋台などもありました。
それにしても、ここ座るところとかがないんだよなー。結局その1軒の食堂のところまで行って、売店の前の椅子に座ってました。名物の塩のアイスとかもあったけどこの時はあんまり気が乗らなくて買わなかったんだなー。食堂でじっとしてても面白くないんでまた園内をぐるっと。

f:id:morje:20170224142251j:plain

このB級感、嫌いじゃないんだけどさすがに2時間もいる場所ではないのだ。
で、今度のバスには乗り遅れたくないので早めにバス停へ。おかげさまで無事に。

f:id:morje:20170224142326j:plain:h500
乗れました

まあ、ほとんどの人が車とかで来てるみたいであんまりバスで帰る人はいないっぽかったですけど。そうそう、乗る時に運転手さんにどこまで行くのか聞かれたんで台南駅だよって言ったら私の持っていた悠遊卡をセンサーに2度タッチしてました。これで二段階運賃徴収おっけーってことかな。

帰りのバス、ちょっとルート違うなって思ったらなんとガソリンスタンドへ。

f:id:morje:20170224142845j:plain:h500

えー!びっくり!まあ片道1時間半くらい走ってそれを往復してるんだろうから途中で給油しないといけないんだろうけど、普通に客乗せて寄るもんなんだな。
帰りの道でも、行きで見た大きな像のあるお寺の前を通りました。鹿耳門聖母廟。次は絶対にここに来たい…。
そんなこんなでバスで台南市内へと帰っていったのでした。
続く。