読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その5:七股鹽山

1/2の続きです。
どこに行こうか…と自分がチェックした場所が入ってるグーグルマップを見ながら考えます。今からなら割と遠くまで行けそう。そうだ、四草大眾廟てところまで行ってみようかな。四草綠色隧道って確か雑誌の台湾特集にも載ってたよなあ。船で川を渡るとかなんとか…よし、そうしよう!

そこに行くには台灣好行というバスがいいらしい。そのバスに乗れるバス停はここから歩いて10分くらいの吳園にあるようなのでそちらに移動します。

f:id:morje:20170222134434j:plain:h500
吳園

ていうかそこの吳園という場所、ちょっと気になる感じ…。もしバスがまだ来ないようなら寄ってこうかな。とりあえずバスはと。

f:id:morje:20170222134553j:plain

時刻表などはないのでアプリで時刻検索をするとあと10分もしないで来るっぽい。じゃあ大人しくここで待つか。
そして待ちながら考えました。このバス、七股鹽山行きなんだと。七股鹽山、写真や行った人の情報で見る限りそんな行かなくてもいい場所ではありそうなんだけど、行ったことないから一度は行ってみたいという気持ちがある。そして今日までは休日ダイヤでバスの本数が多いらしい。四草大眾廟よりもさらに先にある七股鹽山。今行ってみるのもいいのではないだろうか、と。

バスがやってきたので乗り込みます。結構人が乗ってたけどなんとか座れました。台灣好行は観光ツアーバスで観光ルートを回ります。

www.taipeinavi.com

料金は乗る時に悠遊卡でピッと。車内の掲示を見たら、悠遊卡は乗車時と下車時両方ピッとやるように書かれている。さすがに遠いから二段階制なのかしら?まあ他に降りる人いるだろうからその人に倣おう。

バスは人気の観光地、安平を通ります。そこまで結構渋滞してたけど安平付近で大量の人が降りていきまして、車の流れもスムーズになりました。しかしあれだ。七股鹽山遠すぎじゃね?やっぱ四草で降りるべきか…。そのままうとうととしているうちにバスは田んぼの中を走ってました。そして四草生態文化園區あたりへ。もうこの頃には終点まで行こうって決めてたんで車窓で。四草綠色隧道の船乗り場にずらーっと行列ができてるのが見えました。これは…行かなくてよかったかも。ここはまた来れたら来てみよう。

バスはどっか支線的な寄り道をして、さらに行きます。もう乗ってから1時間経ちますがまだ着かない。そしてバス停もないのでひたすら走ります。鹿耳門天后宮の次は鹿耳門聖母廟かあ。と、外を見ていると、なんかすごいでっかい像が!なに、ここなに!と思ったそこが鹿耳門聖母廟でした。えーここ超気になるよー!でもここで降りたとして次に七股鹽山に行くバスが何時に来るかもわからない。降りるのは諦めて見送ります。ここいつか来たいなー。帰りに寄れないかなー。

さらにバスは走って走って、いよいよ遠くの方に塩の山っぽい何かが見えてまいりました。まあ、見えてたのは台灣鹽博物館でしたけどね!1つ前のバス停なのですがここで降りても実際の鹽山が遠そうなので素直に終点まで乗っておくことにします。やがてバスは七股鹽山の駐車場へ。何々、駐車場代が取られるのはともかく、歩いて来ても入場料取られるとな?バスだとどうなるんだろう?入場料取られるって書いてあったっけ?と不安がってましたが、着いたバス停で降りるときには何も言われず。ただ悠遊卡をピッとやっただけでした。どうやらバスで来た場合は料金は徴収されないようです。よかったよかった。悠遊卡でここまで計27元でした。(基本18元+二段階目18元のうち5割引で9元)

着いたー!

f:id:morje:20170222142457j:plain

車窓から見ててもB級感がすごかったですが降りてなお感じるそれ。そして実はずっと鹽山は見えてました。これです!

f:id:morje:20170222142606j:plain
これが七股鹽山だ!

ふ、ふくろう…?なんかのキャラクターなのかな?私が調べた時は確か天使が乗ってたけど、これは定期的に変わるやつなんだろうか。
とりあえず、この塩山、登れます。

f:id:morje:20170222142720j:plain

なんで、わしも登ったるでー!

f:id:morje:20170222142738j:plain:h500

思ったよりは低いけど登るのはためらわれるような造りの階段ですが、子供も登ってるくらいなんで行きましょう。近づくとここが塩の山だってことがよくわかります。

f:id:morje:20170222142855j:plain:h500

f:id:morje:20170222142906j:plain

わーい塩だー!
七股鹽山とはなんぞや、っていうのはこちらをご覧ください。

jp.taiwan.net.tw

そんな塩の山に登ってみました。

f:id:morje:20170222143651j:plain:h500

ふくろうのところまで来てみました。ふくろうは塩でできてるとかそういうことはなかった。さらに上へ登ってみます。

f:id:morje:20170222143833j:plain
ふくろうを上から

頂上はすぐそこ。

f:id:morje:20170222143912j:plain

狭いところに人がいっぱいいるんで頂上らしい写真はないんですけどね。360度見渡せて気持ちがいいです。天気もいいし。

f:id:morje:20170222144942j:plain

あっちの方に気になるものが見えるから下りたら行ってみよう。
てことで下山。

f:id:morje:20170222145955j:plain

そしてよりB級感のあるエリアへ…

f:id:morje:20170222150059j:plain
渡り鳥なのかな…?

f:id:morje:20170222150116j:plain
意外とでかいです

f:id:morje:20170222151358j:plain
多分これもかつて塩山の上に乗ってたやつ

そして歩いてたら、見えてきたやつが…

f:id:morje:20170222151436j:plain
招き猫…!

f:id:morje:20170222151505j:plain
でかい。そして埋まってる

f:id:morje:20170222151526j:plain
子供と比較画像

この招き猫がのった塩の山は見た事があるよ。そうか、今まで乗せてたものもこうやって園内に飾ってるんだな。

で、園内に橋があったので渡ることにします。

f:id:morje:20170222151629j:plain:h500
良縁塘…ごくり

f:id:morje:20170222152040j:plain
ボートに乗れるようです

橋を渡るとなんかおまぬけなオブジェがあったりもして。

f:id:morje:20170222151828j:plain

f:id:morje:20170222152004j:plain

そして橋を渡って正面にあるのが!

f:id:morje:20170222151849j:plain
天使像!

わーこれ七股鹽山にのってるの見たよー。しかしなんか…かわいくな…
まあでも塩山の上から気になってたものが見れたのはよかった…かな。
散策は続きます。