読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dnevnik

旅日記

201701台南旅行記その12:阿棠牛肉湯、自助洗衣店、曼頓咖啡

201701_台南

1月3日の続きです。正統鹿耳門聖母廟からバスで台南市内に帰ってきました。

中華電信というバス停で降りたのはお目当ての店があったからなのですが、店前に行ったらとっくに閉まってた。17時までて…短くない?
しょうがないのでなんとなく西市場へ。

f:id:morje:20170308102153j:plain

入口あたりはこんなですけど中に進んでいくと活気のあるエリアがありそこに飲食店が集まっているのですけれども、人も多いし店はやってなかったりするしでどうするか、とりあえず歩くか。

てことで海南路あたり歩いてたら牛肉湯屋さんがやってる!

f:id:morje:20170308102330j:plain:h500

f:id:morje:20170308102424j:plain

阿棠牛肉湯というお店のようである。中を覗くとお客さんが2組ほどいるけど席も空いてるみたいなんでトライしてみるか!
と中に入るとお店の人に奥の席を示されたのでそちらへ。

f:id:morje:20170308102631j:plain:h500

そして注文票にペンで書き込み。

f:id:morje:20170308102742j:plain:h500

これ消してまた使えるやつだね。牛肉湯はもちろんなんか炒めた系が食べたくてそれも付けました。
で、食事ができる間に何か飲み物が飲みたいなあと思って、そういえば隣になんかドリンク系の店あったなあって思って、いったんお店を出てそちらでアイスミルクティー買ってきて戻ります。と、お店の方が、席に座ってた女性を連れてきてくれたので何かなって思ったら英語と日本語ができる子だった!あれ、お客さんじゃないのかな?でもお客さんっぽいんだよな。常連さんなのかな…という疑問は最後まで解けぬままでしたが、その彼女がお店のセルフサービスコーナーに一緒に行ってくれて牛肉湯のつけダレ作ってくれたり料理の説明してくれたりご飯よそってくれたりしました。ありがとうございます!

f:id:morje:20170308103227j:plain

牛肉湯100元、キャベツと牛肉炒め120元、ごはんは牛肉湯に含まれてたようだよ。
念願の牛肉湯は美味しかった!羊肉湯でも思ったけど、なんだろ、このたれにつけて食べる肉ってのがとても美味しいんだよなあ。炒めものもさっぱりしてて美味しかったです。ごちそうさまでございました。お店の方も連れてきてくれた女の子もとても親切で本当にありがたかった。ほっこりしたよ!

さてお腹もいっぱいになったことだし、最後の夜にやりたいことをやります。それは…洗濯!洗濯がしたい!!!宿のこと全然調べてなくて、でもまあセルフランドリーくらいできるだろって思ったら洗濯機とかなかったのです。台南結構暑くて着替えとか多くなったりしたのでここは洗濯をしたいところ。香港みたいな洗衣屋もないっぽいのでコインランドリーを探します。宿の近くにはないんだけど歩けばいくつかあったので、帰る途中で宿から一番近い店をチェック。おっと、めちゃ混んでる…洗濯機も乾燥機も全機フル回転中。ここはやめておいた方がいいかなー。あと1軒結構遠目なんだけどまあそっちでいいか。

てことでいったん部屋に帰って洗濯物をまとめてコインランドリーへ。金華路を北上していきます。あれ、こんなに遠かったっけ?ってところにありました。外観の写真撮ってなかったな。
中に入ってみるとやっぱりここも混雑中。洗濯機乾燥機ほぼフル回転。でも洗濯機が奇跡的に1台だけ空いてた!よかった!
さてどうやればいいのか。

f:id:morje:20170308104740j:plain

まあコインランドリーなんてどこも大体やり方は一緒だよな!洗剤は持参してるんで、洗濯物入れて洗剤入れてコイン入れて回すだけ。空いてた洗濯機は一番小さいやつで値段も安かったんでちょうどよかった。洗濯が終わるのが40分後なんでいったん宿に戻ろうかなとも思ったけど意外と遠かったのを鑑みて周囲を散策することにしました。金華路を夜こうやって歩くのは初めてかもしれない。結構繁盛してる店がいくつかあったんで、この辺でごはんにすればよかったなあとか思ったり。

洗濯が終わる頃再びコインランドリーに戻ると、今度も奇跡的に乾燥機が1台空いてたのでそっちに移動。今度は1時間くらい回すんでさっき目をつけていたセブンイレブンに行って時間つぶし。でも乾燥機ちょっと心配なんで戻ってコインランドリー内で待機することにしました。

f:id:morje:20170308105132j:plain:h500

一応椅子とかテーブルがあって待つことはできるのです。私がいる間もお客さんが時々来ては入れ替えていったり。携帯をいじりながらぼんやりしてたら、後からきたおっちゃんに何か話しかけられたんだけどもちろん言葉はわかるわけなく。でも、どうやらこの終わってる乾燥機から洗濯物出しちゃって俺が入れてもいいよね?的なことを言ってるみたいだったんで終わってるから大丈夫じゃないですかねーって頷きながら答えました。日本語で。でもなんとなく通じるもんですね。おっちゃんも別に確認したかったわけでもないみたいなんで、結局自分のと人のを入れ替えて乾燥機を回して私に礼を言って去っていきました。言葉が全然通じてないはずなのに通じてる感覚、面白かったw

さて私のブツもほぼ乾燥が終わったので引き取って宿に帰ります。
で、台南最後の夜。やっぱ今夜はあの店に行くしかない!と勇んで行くことにしました。そうです、泰成水果店です。昨日一昨日と混んでて行けなかったけど今日ならもう平日だし大丈夫だろ!

ところがー!

f:id:morje:20170308105717j:plain

や、や、休み…ががーん…。そうか、だから昼間通った時もやってなかったのか…。しかも明日も休みってことはもうノーチャン。ああメロンのあれ…食べたかった…台南来たのはこの店に来たかったからだったのになあ。ショック。
ショックですが他にも水果店はある。と冰郷に行ってみたらまあ混んでる上にイチゴミルク冰売り切れ。

諦めて台南駅の近くにあるスイーツ屋さんを目指します。
途中の廣富號がやってたのでちょっと寄ってみることに。

f:id:morje:20170308110144j:plain:h500

林百貨と旧知事官邸の店でいいなあと思ってたものがこの店のだったのでここで買ってしまった。

f:id:morje:20170308110233j:plain

可愛い袋に入れてもらえた!

さらに歩いていくと呉園の前へ。あーここ寄りたかったんだよー。

f:id:morje:20170308110344j:plain:h500
元台南公會堂

お庭の方は暗くてわかんなかったけど!

中山路に入ってしばらく行くと、かわいい天主堂発見。

f:id:morje:20170308110556j:plain:h500

f:id:morje:20170308110835j:plain

季節柄まだキリスト降誕のセットがありました。

さてそろそろお目当ての店があるはずなんだけど…あるって示してる場所にない。ないぞ。結構頑張って探したんですけど、なかった。今見るとこんなとこにあったのかって感じなんですけど、この時は全然見つけられなかったんだよなー。あれ?あれ?ってなったけどもういいやってことで明日のバスのチケットを買いに台南駅前の和欣客運へ。

f:id:morje:20170308111524j:plain:h500

台北まで3列だと340元、2列だと499元。まあまあ長い時間乗るからなー。ここはやっぱり2列でしょ!窓口で明日乗りたい時間などを告げて無事にバスチケットゲット!

f:id:morje:20170308111620j:plain:h500

台南駅から宿へはバスで戻ろうと思ったけど定期バスわかりづらすぎるってことで結局歩いて戻ることに。途中見つけたカフェでお茶してみた。

f:id:morje:20170308111732j:plain
曼頓咖啡 Manton Coffee

表にメニューが出ててスイーツ美味しそうって思って入ったのにこの時間はほぼ品切れでした。なんだよー。
仕方ないので飲み物だけ頼んでみました。

f:id:morje:20170308111954j:plain
アイスキャラメルミルクティー60元

なかなかおしゃれな店だったんだけど、時間的な問題なのか中にいるのは結構おっさんおばさんが多かったな。だから私も居心地よく過ごせましたわ。
休憩後てけてけと歩いてやっど宿に帰還!

いよいよ明日は帰る日だなー。何しよかな。

続く!

201701台南旅行記その11:正統鹿耳門聖母廟

201701_台南

1月3日の続きです。
台南駅にやってまいりました。
というのも、バスに乗ろうと思いまして。

f:id:morje:20170307170956j:plain

昨日七股鹽山に行く途中で見た大きな像のあるお寺がどうしても気になって。でもあそこまで行くには台湾好行使わないといけないんだろうなー平日は本数少ないっていうしなーって思ってたんですが。なんとグーグルマップで検索したら普通の市バスでも行けると。ただ問題はそのバスが来るのが今から40分後なこと。ちょうど行ったばっかりだったのかなー。バスを待つか他の場所に行くかどっか店入るか。でもちょうどバス停前に座れたんで、ゆっくりバスを待ちたいと思います。時間はたっぷりあるしな。

f:id:morje:20170307171328j:plain

こんなガルパンバスを見かけつつぼんやりとバスが行きかうのを見てると、やっぱり台南のバスはあまり親切じゃないよなあって思う。二重三重に止まったり客を待たずに行ってしまったり。なんで、自分が乗るバスが来る頃には割と臨戦態勢に。あ、バスの時刻表などはバス停にはほとんどないのですが、スマホアプリを使うと何番のバスがあと何分後に来る、っていうのがわかります。近くのバス停とかルートとかも出してくれるからバスに乗るならアプリ必須かなと思うんですが、グーグルマップでも同じようなことはできます。ていうかルート検索は大体グーグルマップでやってるかな…。それで出てきた路線番号を台湾バスアプリとかに入れて正確な時間を見る感じです。

てことで私が乗る11番のバスが来ました!の、乗ります!他にも乗る人が何人かいたので置いてかれずに済みました。よかったよかった。平日の午後ってことでバスも空いてるし楽ちんです。あとは目的地で降りればいいだけ。そしてその目的地は、グーグルマップの検索によると1時間半後…。これは寝るしかない。

f:id:morje:20170307172510j:plain:h500

昨日乗ったバスもそうだったけど、窓際にこのようなUSB充電器があるのがよい。充電しながら寝つつ。
そしてバスは40分ほどで目的地のバス停に到着いたしました。なんだ結構早かったな。

そして降りた先には…

f:id:morje:20170307172712j:plain

きたー!!!!!ここが昨日バスから見た「正統鹿耳門聖母廟」!バス停は確か「聖母廟」とかそんな感じの名前でした。

www.twtainan.net

f:id:morje:20170307172843j:plain:h500
順風耳

f:id:morje:20170307172857j:plain:h500
千里眼

改めて。でかい。媽祖を守る神様です。この像はまだ新しいみたい。
そしてその奥にある大きな廟へ…

f:id:morje:20170307174138j:plain

f:id:morje:20170307174223j:plain
修復中かな

f:id:morje:20170307174752j:plain:h500
正統鹿耳門聖母廟

正統ってなんだろうなーってこの時はぼんやりとしか思ってなかったんだけど、鄭成功が昔この地に祀った媽祖廟の後継はうちだよっていうことっぽいです。同じ地域に鹿耳門天后宮ってのがあるんだけどそこと比べてのことなのかな。確かにそっちよりもこっちの方が建立は古いみたいです。ただ、この時はそんなことは全く知らずに見ております。

f:id:morje:20170307180006j:plain
五王殿

「三建面積最大 台灣最早媽祖廟」って書かれてますね。

f:id:morje:20170307175848j:plain

f:id:morje:20170307175903j:plain

でかい細かいすごい。
拝殿はさらに奥にもあるっぽいので向かうのですが、唐突に鐘。

f:id:morje:20170307180618j:plain
平安鐘

この横に売店などがあります。

f:id:morje:20170307181000j:plain

売店を横目に奥へ。

f:id:morje:20170307181016j:plain

f:id:morje:20170307181316j:plain

ここが媽祖殿でしたかね。媽祖の写真全く撮ってなかったな!

f:id:morje:20170307181823j:plain

こちらは佛祖殿。ここだけ上にも上がれるみたいなので階段を昇ってみます。

f:id:morje:20170307182123j:plain:h500
広い

f:id:morje:20170307182138j:plain
千手観音

f:id:morje:20170307182518j:plain

f:id:morje:20170307182530j:plain

光り具合がすごい。
そして一番上に月下老人がいらっしゃるのだけども、縁結びの力が強いのか、登る階段の壁にカップルの写真がたくさん、本当にたくさん貼ってありました。ここまであるのならご利益もすごそう。ってことで私も最後に拜拜してまいりました。

f:id:morje:20170307182819j:plain

しかし広い。紫禁城を模して造られただけのことはあるね!
一回りするだけで結構な疲れが出てしまい、そのままバスで帰ることにしました。
帰りも同じバスに乗りたいんだけどバス停がいっぱいあってどれがそのバスが止まるバス停なのかわからん!グーグルマップでバス停拡大してようやく見つけた時に、バスが通り過ぎたー!でもそれ乗りたいんです!!!!!って手を振って追いかけたら止まってくれました。感謝!しかもこのバス、さっき乗ってきたバスだった。よかったー!これ乗らなかったらまた無駄に時間が開いてしまったはず。
帰りのバスでは爆睡してしまい気づけば台南市内でした。

f:id:morje:20170307183038j:plain:h500

ちょっと寄りたかった場所に近いバス停で降りました。つづく!

201701台南旅行記その10:旧台南市知事官邸

201701_台南

1月3日の続きです。
青年路から北門路に左折し、北上してちょっとすると右側に目印が現れました。

f:id:morje:20170302172338j:plain:h500
衛民街地下道

この地下道をくぐって線路の向こう側に行きたいと思います。

f:id:morje:20170306151945j:plain

お、壁に絵が描いてあるぞ。

f:id:morje:20170306152155j:plain

へーってくらいの感じで通り抜けたんですけど、ここ3Dアートだったらしい。そういえばそんな感じに見えなくもなかったけどよくわかんなかった!
まあとりあえず地下道を抜けて地上に上がったところにあるのがここです。

f:id:morje:20170306152700j:plain:h500
旧知事官邸

f:id:morje:20170306152722j:plain
どーん

ここで撮影した写真がよくインスタに流れてきて気になってたので来てみました。なるほど洋館かっこいいね。

f:id:morje:20170306152807j:plain

式サイトがあるので貼っておきます。

www.otmr.com.tw

日本語もあるよ!
今読んでなるほどーって思ってますが、訪れた時には予備知識ゼロです。知事ってことはつまり日本統治時代の建物ってことなのでしょうね、という朧げなイメージです。
中に入ると割と小さいなという印象。1階には本や雑貨を扱う店とカフェがありました。

f:id:morje:20170306153721j:plain:h500

お腹がいっぱいでなければ入ったのですけどねー。
雑貨は昨日林百貨で見た感じのが多いなーって思ってたけど、経営母体が一緒だった。なるほど。

続いて2階へ。

f:id:morje:20170306153821j:plain:h500

f:id:morje:20170306155005j:plain:h500

どうやら人数制限があるようです。

f:id:morje:20170306153840j:plain

この日は片手で数える程度の人しかいなかったので問題ないでしょう。

f:id:morje:20170306153908j:plain:h500
この扉を開けると

f:id:morje:20170306153933j:plain:h500
テラス部分に

f:id:morje:20170306154016j:plain
正面を上から見た景色です

この2階には太子室と呼ばれるスペースがありました。

f:id:morje:20170306154103j:plain

f:id:morje:20170306154112j:plain:h500

これは昭和天皇の若かりし姿…!前出の公式サイトからの引用によると

当建築物は地方知事の官邸として使用された以外、もう一つの重要な用途は日本皇族が外出したときの「御泊所」でもあります。台湾の歴史上、当建築物は南台湾で唯一皇族の居住用に設計された行館です。
特に1923年当時、後に昭和天皇となる裕仁皇太子は台湾を訪問され、当所に宿泊されました。

とのことなのでその時のゆかりのものが飾られているようです。

f:id:morje:20170306154617j:plain

f:id:morje:20170306154627j:plain

台湾行啓や建築についてのパネルや模型もあります。

f:id:morje:20170306154741j:plain

f:id:morje:20170306154753j:plain

なるほどなるほど。
あまり人もいないのでゆったりと見て回れるのがよいです。疲れたらテラスに出れば椅子などがあって休憩できるようになってます。

f:id:morje:20170306154928j:plain

中のお店で売っているものもいわゆる台湾メイドな品が多くて林百貨で見損ねていた物が見て取れてよかったです。
かなり満喫!ありがとうございました!

さてこの後どうするかなあ…
と思いながらとりあえず台南駅へ向かいました。

f:id:morje:20170306155139j:plain

といっても鉄道に乗るわけではなく。

f:id:morje:20170306155205j:plain

こちら側に用があるのでした。
続く。